今日のおつきさま

明日が下弦の月。浄化に最適
TOP > 妊娠初期症状 完全ガイド

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

妊娠初期症状 完全ガイド

妊娠初期の頭痛や眠気、なんとなくだるい、いつから?などの、妊娠初期にありがちな症状や疑問を、産科医による監修記事でご紹介。もしかして…と思ったら、すぐにチェックし早めの受診を心がけましょう。

妊娠初期の症状は、いつから?どう出てくる?

妊娠初期は、体にさまざまな変化を生じやすいタイミングです。つらく感じる時期でもありますが、しばらくすると落ち着く方が多いようです。
妊娠初期にありがちな症状を産科医・村上麻里先生に伺いました。

頭痛:意外にもこれも妊娠初期症状


妊娠初期症状として、意外にも多くの妊婦さんが悩まされるのが「頭痛」。その原因は、一般的にはホルモンバランスの変化が関係しているためと言われることが多いようですが、「妊娠したこと」が直接の原因で頭痛が引き起こされるとは考えにくいという説もあり、はっきりした因果関係は解明されていません。

しかし、妊娠初期にはさまざまな変調があらわれるもの。それらは、カラダが「妊娠」という大きな変化を受け入れる準備をしているときに起こる症状だと考えられています。頭痛もそのうちのひとつ。気をつけたいのは、薬の処方です。妊娠初期はベビーが発達していく大切な時期なので、自己判断で薬を飲むことは避けたいものです。体調の変化や心当たりなど、妊娠の可能性が考えられる人は、早めに産婦人科を受診して相談しましょう。

妊娠初期の頭痛、改善法は?
目の回りや首・肩をタオルで冷やしたり、または温めてみる、部屋の空気を入れ替えるなどの改善策が考えられます。あまりにつらい場合や、めまい・目の前がチラつくなど、ほかの症状も出ている場合には、妊娠の可能性を告げて主治医に相談をしましょう。妊娠中に使える頭痛薬もあります。


生理の遅れ:1週間以上遅れたらチェックを


生理の遅れ:1週間以上遅れたらチェックを


女性が自分で妊娠に気がつく、最もわかりやすい症状・兆候が「生理の遅れ」です。妊娠すれば、生理は止まります。生理周期が順調な人であれば、生理が1週間以上遅れたら、妊娠の可能性を疑ってもよいでしょう。


生理の遅れから、どのくらいで妊娠がわかる?
妊娠したかも?と思い始めてから、はっきりわかるまでは誰でも不安や心配になるもの。少しでも早く妊娠しているかどうかを知りたい場合には、生理予定日を1週間すぎれば市販の妊娠検査薬を使って自分で調べることができます。また、周期が不順な場合には、妊娠の心当たりや自分のカラダの変調などに気がついたら、早めに受診しましょう。

とはいえ、女性のカラダはとてもデリケートで、とくに生理は体調や精神的なものに影響されやすいものです。自分のコンディションをよく知って、冷静な判断が必要です。

産婦人科を受診するタイミングは?
初診のタイミングはなかなか計りにくいものですが、生理周期が順調な人でしたら、生理予定日の2週間後あたりを目安にしては。この時期だと、超音波エコーで胎嚢(たいのう)が確認できることがあり、妊娠の診断が確定しやすいといわれています。

※生理周期が不順・曖昧な場合は上記とは異なります。あくまで目安としてご参照ください。

つわり:人によってさまざま


つわりはホルモンとストレスのせい?
生理予定日を過ぎて、1~2週間後(※)くらいから“吐き気”、“食欲低下”、“胸やけ”などの消化器の不調を感じたら、それは妊娠初期の症状・兆候としてTVドラマなどでもおなじみの妊娠初期症状「つわり」かもしれません。

妊娠初期の吐き気の原因は、まだはっきりとわかってはいません。理由の一つとしては、妊娠を継続させるためのホルモン分泌の変化が考えられます。受精後は、卵巣からの「黄体ホルモン」が高い状態が続いたり、胎盤となる組織からは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というホルモンが分泌されます。妊娠は女性にとって喜ばしいことですが、その反面、大きな変化にストレスを感じることも多いもの。そのため自律神経のバランスが乱れて起きるとも言われています。

「つわり」は個人差が大きく、症状の始まる時期や期間は人によって異なります。同じ人でも妊娠ごとに違ったりします。例えば、第一子は辛くて第二子ではほとんど無い、あるいはその反対という例もあります。


また、「つわり」の有無だけで妊娠の経過が順調かを判断することはできません。「つわり」だと思いこんでいたら他の病気だった、という場合もあります。必ず産婦人科の診察を受け、正常な妊娠かどうかを確認してもらいましょう。吐き気や食欲低下などのほかに気になる症状がある場合も、主治医に相談してください。

つわりの乗り切り方
「つわり」は妊娠3~4ヶ月くらいが一番大変な時期ですが、必ずおさまるものです。辛いとは思いますが、自分が楽になることを第一に、なるべくリラックスして過ごしましょう。ゆっくりとお風呂に入る、好きな音楽を聴く、妊娠中にも安全なアロマを焚く、食べられるものを少しずつ食べるなど、自分に合った方法を見つけることで緩和することができます。

(関連記事)
骨盤のゆがみで「つわり」が起こることも。
・骨盤の歪みから来るつわりの改善法


肌荒れ:べたついたり乾燥したり


妊娠初期は “黄体ホルモン(プロゲステロン)”の分泌が増えますが、これはちょうど生理前と同じような状態なのです。さらにつわりなどで体調が崩れたり、栄養が偏りがちになる時期でもあります。それが肌あれとなって表面にでてくることがあるのです。

妊娠中の肌荒れ、改善方法は?
つわりが辛い時期に同時に肌あれまで起きてしまうと、切なくなってしまいますよね。
けれど、いくらこまめにスキンケアをしても、敏感肌用の化粧品を使っても、その効果には個人差があり、「これをすることで改善します」という画期的なものは残念ながらありません。


睡眠をたっぷりとり、バランスの良い食事を心がけるなどのお肌を整えるための対策も、つわりの真っ最中であれば難しいかもしれません。「今はこういう時期だから」と割り切って、あまり気にやまないようにしましょう。薄めのメイクで肌の負担をできるだけ少なく、洗顔と保湿だけはしっかりとして、体調が落ち着くまで様子をみてはいかがでしょう。
あまりにもひどい肌あれの場合には、産婦人科の主治医と相談してから、皮膚科を受診することをおすすめします。


腰痛:意外にもホルモンの影響も!


妊娠初期には、まだお腹が大きくなっていなくても、腰痛を感じることがあります。

これは妊娠中に分泌されるホルモン、“リラキシン”によるもの。“リラキシン”は、骨盤の関節を作っている結合組織やじん帯をゆるめ、ベビーが骨盤の中を通りやすくなるようにします。妊娠するとごく初期からこの働きが始まりますが、骨盤がゆるんでいては、その上に並ぶ背骨や首、頭を支える事ができませんし、歩くことも難しくなります。そこで骨盤まわりの筋肉は、ゆるんだ関節を支えようと緊張が強くなり、これが腰痛の原因になるのです。

腰だけでなく、おしりの奥の方や足の付け根、恥骨あたりが痛むという方も多いようです。骨盤はいくつかの骨が組み合わさって形作られています。関節とは骨と骨のつなぎ目ですから、痛くなるのはその部位、つまり解剖学的な言葉で表すと、仙腸関節、股関節、恥骨結合という場所です。


妊娠後期の腰痛は、また別の原因もあります。お腹が大きくなってくると、からだの重心が前に傾きます。お腹の重みを背側で支えることになるため、自然に身体を反らしてバランスを取ろうとします。この姿勢は、背骨の自然なカーブを反対方向に反らしてしまうため、腰の筋肉や結合組織、じん帯に負担がかかり、腰痛を起こすのです。

妊娠中の腰痛改善は、腹帯、温め、運動
■腹帯
骨盤がゆるむことが原因で起きる腰痛には、骨盤のゆるみを改善させることが基本です。骨盤の周りを、さらしの腹帯で支えるように巻くと、骨盤が締まり安定します。助産師に正しい腹帯の付け方を聞いてみましょう。さらしを巻くのは難しいという人向けには、妊婦さん専用の腰痛防止ベルトが楽かもしれません。骨盤周りだけでなくお腹全体もしめつけてしまうガードルでは、あまり効果は期待できません。自分に合ったタイプを探してみましょう。

■温める
冷えは、腰痛を悪化させます。普段の生活の中でもお腹、腰は冷やさないこと。お腹をしめつけないことも大切ですので、大きめのショーツを重ねばきしたり、やわらかい素材の腹巻きを使ってみては。使い捨てカイロでもいいですが、低温やけどに注意が必要です。むやみに体に貼らないようにしましょう。入浴はシャワーで済まさず、できるだけ湯船につかり、からだを温めましょう。血行がよくなると腰痛もやわらぎます。

■運動
適度な運動で筋肉を動かすとよけいな緊張がとれ、腰痛の改善が期待できます。妊婦さん向けの腰痛体操やエクササイズも試してみて良いでしょう。お腹に負担がかからないよう気をつけましょう。また、痛いのを我慢して無理やり動かすと、かえって体を痛めることもありますので注意しましょう。
もともと筋肉が鍛えられている人は、妊娠して骨盤がゆるんできても筋肉の力で十分支えることができるので、腰痛にはなりにくいものです。妊娠してからでも遅くはありません。少しずつ体作りをしていきましょう。体調の良いときにウォーキング、マタニティスイミング、マタニティヨガ、マタニティビクスなどの運動を始めてみては。気分転換にもなりますね。


頻尿:トイレが近くなることもあります


30分おきにトイレに行きたくなる、夜中に何度もトイレに起きる…。個人差はありますが、排尿回数が増えることは、妊娠初期に起こりがちな症状のひとつです。
これは、妊娠した子宮が少しずつ大きくなるために、子宮のすぐ前方向にある膀胱を圧迫することが原因です。トイレに行っても少ししか出ない、それでも何回も行きたくなっても、体の変化に伴う生理現象ですので、心配はいりません。

子宮がもっと大きくなり、お腹のほうに上がってくる 妊娠中期には、頻尿は治まることがほとんどです。ただし、妊娠後期に入り出産が近づくと、今度は下がってきたベビーの頭に膀胱を圧迫されるようになるため、また、排尿回数が多くなってきます。 夜中に何度も目が覚めるのはつらく感じることでしょうが、妊娠中期から後期にかけては、産後の授乳タイムに合わせて短時間で目が覚めたりと、睡眠のリズムも変わってきます。夜中に何回か睡眠を中断されても、短い時間で深く眠れるように睡眠の質も変わってきますので、寝不足は心配しないで大丈夫。

妊娠初期の頻尿、会社ではどうする?
働く妊婦さんにとっては、頻尿は切実な問題ですね。まずは上司に妊娠を報告し、体調が安定していないことを理解していただきましょう。仕事中に頻繁に席を立つことを気まずく感じるかもしれませんが、我慢は禁物です。我慢すると膀胱炎にもなりやすいのです。
また、水分摂取も控えるのではなく、こまめに少量を口に含むようにしましょう。

貧血:自律神経が不安定に


妊娠前から貧血ぎみな人なら、経験があるかもしれません。なにかの拍子に目の前がチカチカと点滅し、無数の星が瞬いているかのような感覚や、座っていた姿勢から急に立つ時に一瞬クラっとする立ちくらみ。

これは“貧血になった”と表現されますが、実は「脳貧血」といいます。妊娠初期には、ホルモンの影響や体が新しい環境に適応していく過程で、自律神経が不安定になります。そのため血圧のコントロールが不十分になり、脳に血液が届かないと、このような「立ちくらみ」の症状がよくみられます。これは必ずしも血液成分中の赤血球が少ない本当の「貧血」とは限りません。


妊娠初期の検査で貧血の値が正常だと言っても油断しないで。妊娠経過と共に、血液は胎盤循環に適応するため水分量が増えていき、相対的に赤血球濃度が薄く、つまり貧血ぎみになります。それに加え、ベビーの成長に鉄分が必要となるので、ママの体の貯蔵鉄が使われ、母体は鉄分不足になりがち。妊婦さんの3~4割が、鉄欠乏性貧血になるといわれています。

妊娠初期に限らず、中期以降も注意
妊娠中期以降は、さらに鉄分が必要です。妊婦さんの貧血は徐々に進んでいくため、体が慣れてしまい、動悸や息切れなどの自覚症状が何もないことも多いのです。貧血予防には、妊娠初期から鉄分を多く含む食事を意識していくことが大切です。ひじきやほうれん草、しじみ、あさりなどに比較的多く含まれます。

貧血検査は妊婦健診中に数回おこなわれるはず。食事からの鉄分摂取だけでは足りないと判断された場合には、飲み薬や注射で鉄分を補う治療を行います。


お腹の張り:突っ張り感を感じたら


軽い生理痛に似た下腹部の痛み、引っ張られる(つっぱる)ような感覚…妊娠初期のこのような違和感や症状を、多くの妊婦さんは「お腹が張る」と表現するようです。

妊娠初期の「お腹が張ったような感じ」は、主に妊娠した子宮が大きくなるために起こります。子宮の筋肉が増えたり、伸びたり、また子宮への血流が増えることが主な原因です。体の中だけでなく、表面の皮膚も伸ばされていきますので、下腹部あたりがチクチクするような感覚も。他には、ホルモンの変化のため、お腹全体がポーンと出っぱって、まるで幼児体型のようになったりもします。これも「張ったような感じ」のひとつです。
こういった症状は、妊娠して体が変化していくサインです。生理現象ですので心配はいりません。

さて、これからお腹が大きくなるにつれ、今度は下腹部がキューッと縮む、子宮のあたりが硬くなるなどの感覚をおぼえることがあるでしょう。これらの妊娠中期・後期に感じる「お腹の張り」は、「子宮の収縮」によるものです。少し休んで治まるようなものや、1日数回だけ感じるものであれば、あまり心配はありません。

初期に注意すべき「お腹の張り」は?
「子宮が大きくなることに伴う、お腹が張ったような感じ」ではなく、「子宮の収縮による張り」の場合は注意が必要です。この場合は流産の心配があるからです。

子宮は筋肉でできた袋です。収縮すれば、二の腕の力こぶのように硬くなります。おなか全体(みぞおちから、おへそ辺り、下腹まで)がなんとなく張っているかも?というのではなく、恥骨のすぐ上方あたり、つまり子宮のある部分だけが、バレーボールのような硬さに感じられる、これは子宮が収縮している可能性があります。下腹部(おへその下から恥骨の間)を手のひらで触れて、お腹の柔らかさがいつもと違う時は、まず安静にすること。硬さがなくなって、他の症状(後述)がなければ様子を見てもよいでしょう。


反対に、1時間に何回も張りを感じる=子宮のある場所が硬くなっている場合や、張っている時に痛みも伴う、出血もみられるときは、病院・産院に連絡し指示を受けましょう。
夜間や休日など時間外であっても、診察が必要なこともあります。


よだれ・げっぷ・味覚の変化:食べたいものが偏ることも


代表的な妊娠初期症状といえば、吐気や嘔吐。その他にも、この時期は常に口の中が不味かったり、妊娠前とは味覚が変化しているように感じる人もいます。げっぷ(おくび)が頻繁に出る、唾液(よだれ)の量が増える、という人も。

口内の不快感、味覚の変化、げっぷや唾液の過多などの症状について、はっきりとした原因は解明されていません。つわりの症状が落ち着くと共に治まることが多いようです。

普通、唾液は起きている間は、ものを食べていない時間でも口の中に少しずつ分泌され、気づかないうちに飲み込んでいます。つわりの時期には、唾液を飲み込みにくくなってしまう場合があり、そのため口からあふれるようになります。一日中唾液を拭き取ったり、口から吐き出していないとダメになり、タオルやティッシュペーパーが手放せないという状態になります。「よだれつわり」と呼ぶ人もいます。
まれではありますが、お産近くまで長く続いてしまう場合もあります。

口の不快感は改善する?
口の中がスッキリしなくて不快感がある場合は、ミント系のガムやキャンディを口にすることで、少し落ち着くかもしれません。炭酸水や、レモンを少し絞った水など、飲みやすい飲料で口内を湿らせておくのも効果的ではないでしょうか。

唾液が飲み込めない場合、タオルやティッシュペーパーで拭き取れる環境であればそのようにしたいところですが、オフィスなど人目がある場所では、なかなか難しいですね。ガーゼを当てたマスクをするなどで対処をしてみてはいかがでしょう。キャンディや氷を口に含むのも効果的なようです。

症状が重く水分も飲めないような場合は、脱水症状が心配されます。つわりの辛さは本人にしかわかりません。「こんなことで…」と遠慮せず、かかりつけの医師に相談しましょう。


おりもの:透明・白・薄いクリーム色は心配なし


妊娠初期の症状として、おりものの量が増える人も多いです。これも、ホルモンの変化で代謝が活発になることによっておこる、生理的なものです。おりものには、膣内をきれいに保ってくれる役割があります。量や形状に個人差はありますが、透明や白、薄いクリーム色であれば量が多くても心配はいりません。下着をこまめに替えるなど、清潔を保つようにしましょう。

妊娠初期のおりものは、血が混じったようなピンクや茶褐色、黄色や緑色のおりものの場合は、切迫早産や感染症などのトラブルが疑われます。
また形状にも注意を。水っぽいもの、クリーム状のものであれば問題ありませんが、泡状だったり、白くてポロポロしたおりものが見られる場合は、感染症の可能性があります。
必ず医師に相談しましょう。


おりものが、いつもと違うと感じたら?
色や固まり、また強いにおいなど、いつもと違うと感じたら、次の検診日を待たずに受診することをすすめます。緊急性を要するものかどうか判断が難しければ、かかりつけの医療機関に電話をして確認してみるのもいいでしょう。
妊娠中は、膣内の環境の変化により、炎症を起こしやすいということもあります。おりものが流産や早産など、なんらかのトラブルのサインになる場合もありますので、普段から気に留めておきましょう。


熱っぽい・微熱:薬の飲用にご注意!


風邪?それとも妊娠?
なんとなく体がだるかったり、微熱が続いたり、寒気がしたり…。前回の生理の3週間後あたりから、風邪のひきはじめによく似た症状が出ることがあります。これも妊娠初期症状のひとつ。

この時期は、受精卵が子宮に着床し妊娠が成立する頃です。体の中では、妊娠を持続させるためのホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、その影響で体温が平熱より少し高い、いわゆる「高温期」がしばらく続きます。普段から基礎体温をつけている人であれば、生理予定日になっても高温期が続いていることで、妊娠にも気がつきやすいでしょう。

体温の上がり方は人それぞれですが、一般的に、平熱より1℃前後高くなることが多いようです。37℃台になると、風邪を疑ってしまうのも無理はありません。

妊娠超初期に、薬を飲んでしまった場合は
生理予定日より前、まだ妊娠に気づかない時期に感じやすい症状のため、風邪だと思って薬を飲んでしまった…というケースが多いようです。風邪で熱があるから薬を、と安易に飲む前に、妊娠の可能性のある方は、本当に必要な薬かどうか、もういちど考えてください。

飲んでしまった場合は、その時期と薬の成分がわかれば、妊娠に対して影響があるか調べることができます。ひとりで悩まずに医師に相談をしましょう。

不眠・眠れない:体も心もデリケートな時期


妊娠初期には、とても眠くなる人がいる一方で、すっきりと熟睡できないと悩む人も多いようです。寝つけなかったり、夜中に何度も起きてしまうなどの症状は辛いものです。
とくに、昼間体を休められない働く妊婦さんにとって、睡眠不足は切実な問題ですね。

妊娠と不眠の関係をはっきりと説明するのは難しいですが、ホルモンバランスの変化によるものではないかと考えられます。妊娠してトイレが近くなることも、眠りが浅くなる理由のひとつかもしれません。

また、妊娠中の体は、ベビーが育つ環境を整えるために妊娠初期からどんどん変化していきます。つわりと同じ時期に不眠になるケースはよくみられます。体も心も不安定になりやすい時期ですから、眠れなくなっても不思議ではありません。


不眠の改善方法は?
いずれ落ち着く症状ですので、まずは「今、眠れない」ことを気にしすぎないように。
あせらず、ゆったりと過ごしましょう。足湯などで体を温める、リラックスできる音楽を聴くなど簡単なことから試してみては。
つわりで寝つけない、という場合には、ハーブティーやドライフルーツやグミなど、口にできそうなものを。歯みがきをして気分を変え、横になるのもいいかもしれません。

頭の中を“OFF”モードにし、リラックスできればベストですが、なかなか思うようにはいかないもの。時には一日くらい休暇とって、ゆっくり過ごす日を設定してみると、気分が変わるかもしれません。

ちなみに、この頃のベビーはママの生活とは関係なく過ごしているので、睡眠不足がベビーの発育に影響することはありません。
つわりが大変な時期は気持ちも不安定になり、不眠もつらく感じられがち。症状が重いときには、自己判断での睡眠薬などの服用は避け、必ず医師に相談しましょう。


とにかく眠い!:妊娠初期にありがちな症状


夜しっかり眠っているにもかかわらず、日中も眠くて仕事に集中できない…。これは「眠りづわり(寝づわり)」とも呼ばれる、代表的な妊娠初期症状のひとつ。

妊娠初期の眠気は「黄体ホルモン(プロゲステロン)」というホルモンのしわざ。妊娠したので体を休めなさい、というサインかもしれませんね。

過度な症状には、「妊娠随伴(ずいはん)睡眠障害」という名前がつきますが、妊娠中期に入るとおさまることが多いので心配はいりません。

この眠気、どうにかなるもの?
できれば、眠気に逆らわず体を横にしたいところですが、仕事をしているとそれもできませんね。

眠気覚ましとして、ちょっと口に入れられるガムやキャンディ、グミなどを用意しておいたり、オレンジやレモン、ペパーミントの精油を1~2滴落としたハンカチを携帯しておく、などが有効です。※ハーブティーも効果がありますが、妊娠初期には禁忌のものもありますので注意が必要です。

どうしても眠くて耐えられない時には、休憩中など、10分程度でもよいので仮眠をとりましょう。


イライラする:これもホルモンのしわざ!?


生理予定日の前になると、わけもなくイライラする、不安定になる、体がだるくて集中できない、やけに眠くなる…という経験はありませんか?妊娠初期にも似た症状が起こります。どちらも黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が多くなったことが影響しているようです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が情緒面にどのように働きかけているのかは、実はまだ解明されていません。しかし、妊娠という体の変化、状況の変化で情緒不安定になってしまうことは仕方のないこと。

つわりで気分が悪ければ、いっそうイライラしてしまいがちですね。わけもなく悲しくなったり、ささいなことで腹が立ったり、何をしていても気分が落ち着かなかったり…。軽度なうつ状態に陥ることもあります。

イライラ症状は、改善するの?
まずは、「妊娠初期のイライラはホルモンによる生理的な現象」ということを理解しましょう。自分に欠陥があるのでは、我慢する力が足りないのでは?などと考えずに、「これは妊娠のせい、ホルモンのせい!」と受け入れて。イライラする自分が嫌で、落ち込んでしまいがちですが、そういう時期であると割り切りましょう。


また、パートナーや家族にも「イライラしやすい」「妊娠したことによる一時的な変化である」という状況をきちんと伝え、理解を得ておくとよいかもしれません。 気分転換するために、時には仕事を休んでゆっくりしたり、ひとりの時間を持つことも大切です。それでもつらい時には、ひとりで悩みを抱え込まずに主治医に相談しましょう。


便秘:妊娠で腸の働きが鈍くなっています


便秘は、腸の蠕動(ぜんどう)運動機能の低下

妊娠をきっかけに、それまでは快便だった人でも便秘になってしまうことがあります。もともと便秘気味の人は、もっとひどくなってしまうことも。これは、妊娠中に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の働きが、原因のひとつです。

「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、子宮内膜を厚くして受精しやすい状態を作り、さらに妊娠の維持を助ける、妊娠には欠かせないホルモンです。子宮に対しては、筋肉の収縮を抑えます。つまり胎児が育ちやすいように、子宮をゆるませ守ってくれる働きをします。しかし、このホルモンが腸の筋肉の動きも抑制してしまうため、便秘が起こりやすくなるのです。

また妊娠中期以降になると、大きくなった子宮が腸を圧迫し、これも妊婦さんならではの便秘の原因となります。

初期の便秘、どうすればスッキリ?
妊娠初期は、つわりで食生活が偏りがちな時期ですが、なるべく食物繊維の多く含まれる食材を意識して摂りましょう。りんごやドライプルーンなどのフルーツ類や、酢昆布、寒天などであれば、比較的口にしやすいかもしれません。水分を多く取ることも大切です。水、白湯、お茶などをこまめにとることを心がけて。※体を冷やさないよう、冷たいものを大量に飲むのはさけた方がよいでしょう。

生活面で心がけたいのは、排便のタイミングを逃さないこと。毎朝、コップ1杯の水を飲んで、トイレに行くようにしましょう。体調がよければ、医師に相談のうえ軽めのウォーキングやマタニティヨガ、ストレッチなど、適度な運動をするのも有効です。

食事、生活に気をつけていても改善しない場合には、必ず主治医に相談を。妊娠中でも服用できる薬があります。

※市販の便秘薬の中には、アロエなど妊娠中には禁忌とされる成分が含まれるものがあります。自己判断での使用は、ご注意ください。


胸が張る・乳首が痛い・乳首が敏感:乳首にかゆみがでることも


乳首が、ちょっと下着に触れただけでも痛い!

乳首(乳頭)がヒリヒリと痛む、あるいはかゆい。乳房が張るような感じなどの胸部の違和感。個人差はあるものの、こういった胸の変化も妊娠初期に起こりやすい症状のひとつです。

乳首の痛みや胸の張りの原因は、やはりホルモンの働き。生理前に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、妊娠初期にも引き続きたくさん分泌されるので、生理前の胸の症状でよくみられる、乳首の痛みや胸の張りが、より強く感じられます。これは徐々に落ち着いてくることが多いのですが、今度は産後の授乳にそなえて、乳腺(母乳を作るところ)や乳管(母乳の通り道)の組織もだんだん発達していくので、胸が大きくなっていく妊娠中期や後期に症状が起きる場合もあります

また妊娠中は、乳首に限らず肌が敏感になり、体のあちこちにかゆみを感じることもあります。ホルモンの影響により起こる「妊娠性掻痒疹(そうようしん)」という症状かもしれません。 確かな原因は未だ解明されていませんが、いずれも妊娠時の生理的な症状であり、強い不快感がなければ心配はいらないでしょう。

いまできることは?
しめつけの少ないマタニティ用ブラジャーや、ワンサイズ上のブラジャーを着けるなどして、肌への刺激を少なくしましょう。下着の素材も肌にやさしいものを選んでください。

胸のマッサージは刺激になるため、行わないこと。症状が悪化することもあります。特に妊娠初期にはマッサージは不必要なことです。乳首の痛みが強い、かゆみがひどい、皮膚に赤みや発疹がある、皮がむけてきた、など心配な場合は、主治医に相談しましょう。


妊娠初期に気を付けること妊娠したかも…と思ったら


まず口に入れるものから気を配ろう。 中でも特に気にしたいのは薬です。そのた妊娠初期に気を付けたいことは、 「妊娠した?と思った時に避けたいこと」のページでご紹介しています。


妊娠検査薬はいつから反応が出るの?


「もしかして…?」という状態では気持ちも不安定になるもの。 本当に妊娠しているのかどうかを知りたいところ。妊娠していれば生理が遅れて1~2週間後には妊娠検査薬に陽性反応が出ます。 妊娠検査薬について、くわしくは「妊娠検査薬、いつから反応が出る?」のページでご紹介しています。


そのほかの記事