今日のおつきさま

明日は新月。お産が近づいているかも
TOP > 妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】 > 【産婦人科医監修】不眠・眠れない:デリケートな時期ならではの症状

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】

【産婦人科医監修】不眠・眠れない:デリケートな時期ならではの症状

妊娠で、体の中が常に“ON”モード



妊娠初期には、とても眠くなる人がいる一方で、すっきりと熟睡できないと悩む人も多いようです。寝つけなかったり、夜中に何度も起きてしまうなどの症状は辛いものです。
とくに、昼間体を休められない働く妊婦さんにとって、睡眠不足は切実な問題ですね。

妊娠と不眠の関係をはっきりと説明するのは難しいですが、ホルモンバランスの変化によるものではないかと考えられます。妊娠してトイレが近くなることも、眠りが浅くなる理由のひとつかもしれません。

また、妊娠中の体は、ベビーが育つ環境を整えるために妊娠初期からどんどん変化していきます。つわりと同じ時期に不眠になるケースはよくみられます。体も心も不安定になりやすい時期ですから、眠れなくなっても不思議ではありません。

不眠は、どうしたら改善するの?



いずれ落ち着く症状ですので、まずは「今、眠れない」ことを気にしすぎないように。
あせらず、ゆったりと過ごしましょう。足湯などで体を温める、リラックスできる音楽を聴くなど簡単なことから試してみては。
つわりで寝つけない、という場合には、ハーブティーやドライフルーツやグミなど、口にできそうなものを。歯みがきをして気分を変え、横になるのもいいかもしれません。

頭の中を“OFF”モードにし、リラックスできればベストですが、なかなか思うようにはいかないもの。時には一日くらい休暇とって、ゆっくり過ごす日を設定してみると、気分が変わるかもしれません。

ちなみに、この頃のベビーはママの生活とは関係なく過ごしているので、睡眠不足がベビーの発育に影響することはありません。
つわりが大変な時期は気持ちも不安定になり、不眠もつらく感じられがち。症状が重いときには、自己判断での睡眠薬などの服用は避け、必ず医師に相談しましょう。

★ニンプスメンバー新規会員・受付中★
サンプルバッグを全員に♪



公開日:2014年03月21日

Navigator 【取材・監修】 村上麻里先生

新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。

←妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】 のトップへ

そのほかの記事