今日のおつきさま

三日月
今日は三日月。新月の影響は一段落
TOP > 妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】 > 【産婦人科医監修】妊娠中の貧血:自律神経の不安定さが引き起こす症状

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】

【産婦人科医監修】妊娠中の貧血:自律神経の不安定さが引き起こす症状

立ちあがったらクラっ、星が飛ぶ



妊娠前から貧血ぎみな人なら、経験があるかもしれません。なにかの拍子に目の前がチカチカと点滅し、無数の星が瞬いているかのような感覚や、座っていた姿勢から急に立つ時に一瞬クラっとする立ちくらみ。

これは“貧血になった”と表現されますが、実は「脳貧血」といいます。妊娠初期には、ホルモンの影響や体が新しい環境に適応していく過程で、自律神経が不安定になります。そのため血圧のコントロールが不十分になり、脳に血液が届かないと、このような「立ちくらみ」の症状がよくみられます。これは必ずしも血液成分中の赤血球が少ない本当の「貧血」とは限りません。

妊娠初期検査で貧血の値が正常だと言っても油断しないで。妊娠経過と共に、血液は胎盤循環に適応するため水分量が増えていき、相対的に赤血球濃度が薄く、つまり貧血ぎみになります。それに加え、ベビーの成長に鉄分が必要となるので、ママの体の貯蔵鉄が使われ、母体は鉄分不足になりがち。妊婦さんの3~4割が、鉄欠乏性貧血になるといわれています。

妊娠初期に限らず、中期以降も要注意



妊娠中期以降は、さらに鉄分が必要です。妊婦さんの貧血は徐々に進んでいくため、体が慣れてしまい、動悸や息切れなどの自覚症状が何もないことも多いのです。貧血予防には、妊娠初期から鉄分を多く含む食事を意識していくことが大切です。ひじきやほうれん草、しじみ、あさりなどに比較的多く含まれます。

貧血検査は妊婦健診中に数回おこなわれるはず。食事からの鉄分摂取だけでは足りないと判断された場合には、飲み薬や注射で鉄分を補う治療を行います。

★ニンプスメンバー新規会員・受付中★
サンプルバッグを全員に♪



公開日:2014年03月21日

Navigator 【取材・監修】 村上麻里先生

新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。

←妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】 のトップへ

そのほかの記事