今日のおつきさま

明日は新月。お産が近づいているかも
TOP > 妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】 > 【産婦人科医監修】胸が張る・乳首(乳頭)の痛み・かゆみ:妊娠初期のバスト

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】

【産婦人科医監修】胸が張る・乳首(乳頭)の痛み・かゆみ:妊娠初期のバスト

乳首が、ちょっと下着に触れただけでも痛い!



乳首(乳頭)がヒリヒリと痛む、あるいはかゆい。乳房が張るような感じなどの胸部の違和感。個人差はあるものの、こういった胸の変化も妊娠初期に起こりやすい症状のひとつです。

乳首の痛みや胸の張りの原因は、やはりホルモンの働き。生理前に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、妊娠初期にも引き続きたくさん分泌されるので、生理前の胸の症状でよくみられる、乳首の痛みや胸の張りが、より強く感じられます。これは徐々に落ち着いてくることが多いのですが、今度は産後の授乳にそなえて、乳腺(母乳を作るところ)や乳管(母乳の通り道)の組織もだんだん発達していくので、胸が大きくなっていく妊娠中期や後期に症状が起きる場合もあります。

また妊娠中は、乳首に限らず肌が敏感になり、体のあちこちにかゆみを感じることもあります。ホルモンの影響により起こる「妊娠性掻痒疹(そうようしん)」という症状かもしれません。

確かな原因は未だ解明されていませんが、いずれも妊娠時の生理的な症状であり、強い不快感がなければ心配はいらないでしょう。


乳首の痛みは、どうしたら改善するの?



しめつけの少ないマタニティ用ブラジャーや、ワンサイズ上のブラジャーを着けるなどして、肌への刺激を少なくしましょう。下着の素材も肌にやさしいものを選んでください。

胸のマッサージは刺激になるため、行わないこと。症状が悪化することもあります。特に妊娠初期にはマッサージは不必要なことです。乳首の痛みが強い、かゆみがひどい、皮膚に赤みや発疹がある、皮がむけてきた、など心配な場合は、主治医に相談しましょう。

★ニンプスメンバー新規会員・受付中★
サンプルバッグを全員に♪



公開日:2014年03月21日

Navigator 【取材・監修】 村上麻里先生

新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。

←妊娠初期症状 完全ガイド 【産科医監修】 のトップへ

そのほかの記事