今日のおつきさま

デトックスやリセットするケアがおすすめ
TOP > 出産準備・ベビーグッズ > マタニティライフを快適にする「妊婦帯」

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

出産準備・ベビーグッズ

マタニティライフを快適にする「妊婦帯」

取材協力:ピジョン

妊婦帯(にんぷたい)とは?



妊婦帯とは、お腹まわりに巻く妊婦さん専用の帯のこと。もともとは「さらし」を使っていましたが、最近は簡単かつ快適に着用できる商品がたくさん販売されています。

お腹と腰の冷えを防ぐはらまきタイプのものや、大きくなるお腹の重みをささえてくれるサポータータイプなどがあり、妊婦さんの9割以上がいずれかのタイプの妊婦帯を妊娠中に入手するというデータも。(※ピジョン調べ)
妊婦さんのマストアイテムのひとつです。

なお、日本では妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願として腹帯をお腹に巻く風習があり、そのことから妊娠5ヶ月で腹帯の代わりに妊婦帯を入手する妊婦さんが多いようです。

しかし、まだあまりお腹が大きくなっていない妊娠5ヶ月では主に冷え対策やお腹の保護のために使う妊婦さんが多いよう。「お腹の重みをささえる」快適さを実感できるのは妊娠8ヶ月頃からになります。
それゆえ、使用する時期や着け心地の好みでタイプを選ぶのが賢い選択です。


妊婦帯の代表的な4タイプ



はらまきタイプ
【特長】
一般的な筒状のはらまきの形状で着脱が簡単で着け心地がラクです。
一般用のはらまきと違うのは、お腹をささえる機能や形状がついていること。また、腰全体を包むため、冷え対策にも有効です。それゆえ、まだお腹が大きくなっていない妊娠初期から日常的に使えます。
トイレのときもわずらわしくありません。

【おすすめの使用シーン】
・冷え防止に
・日常に
・家でのリラックスタイムなど、ラクな着け心地がいい時に

※サポーター(ささえ帯)とセットで販売されているものもあり、それを入手すれば出産まで1つでOKというメリットも。



パンツタイプ
【特長】
履くタイプなのでお腹からずり上がらず、足まわりのもたつきもなく、動きやすいのが特長。ショーツなしで1枚履きできるものもあります。
着脱が簡単でラクな着け心地です。

【おすすめの使用シーン】
・日常に
・お出かけ
・仕事や家事などよく動き回る時に





ガードルタイプ
【特長】
パンツタイプにささえ感を調節できるベルトがついたタイプ。よりしっかりホールドし、比較的フィット感が高いのが特長です。腰への負担をサポートするボーン入りなどもあります。
こちらも、ショーツなしで1枚履きできるものもあります。




サポーター(ささえ帯)
【特長】
妊娠中期以降、妊婦さんは大きなお腹の重みで前かがみになりがち。その姿勢を続けることで腰に負担がかかり、腰痛などのマイナートラブルが起こりやすくなります。

サポーター(ささえ帯)は大きなお腹を下からささえ上げ、腰にかかる負担をサポート。お腹の大きさに合わせてささえ感やフィット感を調節できるのが特長です。お腹が大きくなる妊娠後期にその実力を感じる妊婦さんが多く、「着けているととてもラク」という声が多いタイプです。



ピジョンさんに妊婦帯について質問!



Q1 はらまきタイプは、マタニティでないLLサイズの普通のはらまきで代用できますか?

A1 普通のはらまきとマタニティ用のはらまきタイプの妊婦帯で大きく違うのは、外付けベルトなどお腹を下からささえる機能の有無と、おなかを包む形状です。
マタニティ用のはらまきは大きなお腹をささえつつ、お腹のまるみにぴったりフィットするので、妊婦さんにはマタニティ用がベスト。
もともとあるのを使用することがNGというわけではありませんが、妊娠中に一般向けのLLサイズを新調するならば、マタニティ用を購入するのがおすすめです。

Q2 妊婦帯と骨盤ベルトはどう違うの?

A2 形状が似ているように見えますが、妊婦帯と骨盤ベルトは全く異なる機能を持っています。
妊婦帯がお腹や腰を支える役割なのに対し、骨盤ベルトは妊娠中や産後に広がりがちな骨盤を締めるのが目的で使われます。

Q3 タイプが4つもあると、どれを選べばいいか悩みます

A3 自宅で過ごすことが多いのか、出かけることが多いのかといった生活スタイルや、サポート感やフィット感の好みに合わせて選びましょう。シーンに合わせて違うタイプのものを使い分けるのもおすすめです。日常的に使うものなので、洗い替えに2~3枚あると便利です。

どうしても悩んでしまうという方には、はらまきタイプとサポータータイプのセットがおすすめです。

気になる産後リフォームインナーについても詳しく解説!>>>
公開日:2015年09月25日

Navigator 

【監修】ピジョン株式会社

←出産準備・ベビーグッズ のトップへ

そのほかの記事