粉ミルク

明治の粉ミルク「ほほえみ」の成分や特徴は?

【基本情報】

商品サイト:https://www.meiji.co.jp/baby/hohoemi/
メーカー:株式会社明治
内容量:800g
メーカー希望小売価格:2,840円(税込)
単価(10ml当たり):4.79円
生産工場:埼玉県春日部市 (FSSC22000認証)
放射能検査:すべての製品において自主検査実施の上、開示

 

【おもな特徴】

・母乳に近づけた、圧倒的な規模の母乳研究&発育調査
・世界初! DHAとアラキドン酸を母乳の範囲まで配合
・たんぱく質の量と質へのこだわり

 

脳に大切な成分たっぷり&とにかくラクしたいママに

 

日本で唯一キューブ型の育児用ミルクを発売(※1)、Amazonの売れ筋ランキングでも常に上位にランクインしている「ほほえみ」について、株式会社明治の栄養マーケティング部 江原秀晃さんにお話を伺いました。

 

■特徴1:母乳に近づけた、圧倒的な規模の母乳研究&発育調査

 

各社とも母乳に近づけるためにさまざまな研究をしていますが、明治の場合なんといっても驚くのがその規模。1979年の第一回からこれまで6,000人以上の母乳を調査し、商品を開発・改良。この数は日本でもトップクラスです。また、製品リニューアルのたびにほほえみを飲んだ赤ちゃんの発育調査をおこなっており、延べ20万人に及んでいます。このような母乳調査→発育調査のサイクルを45年以上回し続けているところはほかにありません。

 

「一番最近の発育調査では体重、身長、便の状態に加えて、脳組織の大きさと相関するといわれる頭囲のデータを初めて取得したのですが、母乳の赤ちゃんと同じように推移することが確認できました(※2)」

 

調査で得られた膨大な情報は、先天性の疾患がある赤ちゃんのための特殊ミルクの開発にも役立てられています。「ひとりのためにつくることもあります」と江原さん。ここに“すべての乳幼児の発育に貢献していく”という強い理念が感じられます。

 

■特徴2:世界初! DHAとアラキドン酸を母乳の範囲まで配合

 

いまでこそ脳細胞に働きかける大切な成分として広く知られている「DHA(ドコサヘキサエン酸)」。明治はそのことにいち早く着目し、世界で初めて粉ミルクのDHAを強化しました(※3)。また、脳や網膜などの細胞の材料になるといわれる「アラキドン酸」も日本で唯一、母乳の範囲まで配合しています(※4)。

 

「三大栄養素のひとつである脂質は、赤ちゃんの成長や発育に欠かせないもの。質と量がとても大切です。ほほえみに含まれているDHAとアラキドン酸は、わかりやすくいうと、お肉とお魚に含まれている脂質。どちらも新生児では体内で生合成する能力が乏しいので、外から十分に摂取する必要があります」

 

そのほかにも、エネルギー源として重要なβ位パルミチン酸やあらゆる細胞の材料となるリン脂質も母乳に近いかたちで配合。質の高い脂質を最適な量だけ配合しているので、安心して与えられます。

 

■特徴3:たんぱく質の量と質へのこだわり

 

たんぱく質はカラダをつくる上で欠かせない一方、極端に多いと腎臓に負担がかかってしまうといわれています。そのため、質のいいものだけを残す必要があります。明治は、日本で初めてたんぱく質のソフトーカード化(赤ちゃんが消化吸収しやすいよう凝固物を柔らかく処理すること)に成功(※5)。また、世界で初めて母乳にはないβ-ラクトグロブリンを選択的に分解するなど、たんぱく質の質向上に力を入れています(※6)。

 

「単純に母乳にない成分を減らすだけではなく、必須アミノ酸の量が不足しないよう注意しなければなりません。全体のバランスはもちろん、個々の成分が適切に組み合わさるように設計し、赤ちゃんの発育上問題ないか確認しています。その結果、日本アミノ酸学会から『科学・技術賞』をいただきました」

 

“世界初”や“日本で唯一”という試みがとても多いのは、長年の母乳研究の賜物。上記以外にも、必須ミネラルのひとつである「セレン」を母乳の範囲まで配合しているのはほほえみだけです(※7)。赤ちゃんの成長を願って、積極的にチャレンジを続ける姿勢は応援したくなります。

 

また、キューブ型のミルクは軽量がとにかくラク! 特許技術により開発に成功したもので、ほかにはありません。外出先や夜中の調乳もいちいち計量の必要がないので、産後でヘトヘトのママにはかなり重宝。これも選ぶ上で大きなポイントになりそうです。

 

※1:明治調べ(2007年10月時点)
※2:明治による母乳サイエンス「発育哺乳量調査」による(2014年9月〜2017年3月第13回調査)
※3、4:明治調べ(2013年9月時点)
※5:1951年に実施、明治調べ
※6:1991年に実施、明治調べ ※7:明治調べ(2018年6月時点)

 

■価格

 

単価(10ml当たり)4.79円:★★☆☆☆
(6位/7商品中の単価の安さ)

 

■味

 

甘さ:あっさり←●●●○○→甘い
うまみ:薄い←●●●●○→濃い
コク:薄い←●●●○○→濃い 

 

■溶けやすさ

 

hohoemi.JPG

 

溶け具合:★★★★★ 

 

■おでかけ用の有無

 

個包装の有無:有り(キューブタイプ)
1袋(5個入り200ml分)×16袋入り
メーカー希望小売価格:1,728円(税込)(10ml当たり:5.4円)

 

18春ほほえみらくらくキューブ432g.jpg

hohoemicube.JPG

 

※ママの育児をもっとラクにしたいと試行錯誤を重ね、特許技術により開発に成功。ちなみにキューブのくぼみも溶けやすさのためにあるものだそう。外出先や夜中の調乳もいちいち計量の必要がないので時短にもなり助かります。

 

■キャンペーン

 

・「世界でたったひとつのプレゼント」(オリジナル絵本)
ポイントにより“世界でたったひとつ”のオリジナル絵本やフォトブックが必ずもらえるキャンペーン実施中。

 

・「キューブでポン!毎日らくらく!キャンペーン
抽選で「東京ディズニーリゾート(R)」のパークチケットが当たるキャンペーン実施中。 (2018年9月30日まで)

 

■相談窓口ほか

 

・明治赤ちゃん相談室
明治の栄養士さんが授乳リズムや母乳に関することなど、ママの気持ちを大切にしながら相談に乗ってくれる専用ダイヤル。

0570-025-192
(月〜金曜日 10:00〜15:00)
※第三火曜日と祝日、年末年始は休み

 

・育児情報サイト「ほほえみクラブ

 

 

  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail