妊娠・出産基礎知識

花粉シャットアウトのノウハウ

花粉を体の中に入れない”、“家に花粉を持ち込まない”をポイントに、妊婦さんでも安心してできる“花粉シャットアウト”のノウハウをご紹介!

出発前は、マスク&サングラス

まずは、通勤や外回りの際に、体にできるだけ花粉を寄せ付けないことが重要です。定番のマスクやサングラス(メガネ)の装着はもちろんのこと、アウターもナイロンなどの花粉が表面につきにくい素材のものを選ぶように心がけましょう。案外忘れがちなのは髪の毛につく花粉。やはり花粉が落ちやすいようにつるんとした素材のものをかぶれば、より花粉の付着を防げます。できれば、髪の毛は束ねて帽子の中にしまってしまうのがベターです。

 

帰宅後は、玄関に入る前にコートなどについた花粉をそっと落とします。パタパタとはたくと、花粉が飛び散るので要注意。吸引力に優れ排気がクリーンな、ハンディ型の掃除機を玄関に用意しておき、部屋に上がる前に、洋服を掃除機がけするのも効果的です。

 

 

アロマのシャワーで花粉をカット!

 

呼吸器や鼻水、鼻づまりなどに効果が期待できる精油「ラベンサラ」を使ったお手軽ミストシャワーもおすすめです。作り方は、スプレーボトル(アトマイザーケース)に水30mlと「ラベンサラ」の精油10滴を加えて混ぜるだけ。帰宅後の玄関で、上に向かってシュッと2~3回スプレーし、その中をくぐるように通り抜ければ、水分で髪や洋服についた花粉を抑えながらアロマ効果を得られます。

 

「ラベンサラ」はユーカリやローズマリーに似た、すっきりとしてちょっとスパイシーな香りのアロマ。風邪やインフルエンザの予防にも!鼻づまりを緩和し、安眠効果も期待できるので、コットンに少量をたらして枕元に置くのもよいでしょう。(「銀のすず」院長 鈴木元先生)

 

 

空気清浄機でお部屋をクリーンに

なるべく持ち込まないのが鉄則ですが、完全にゼロというのはなかなか難しいものです。そこでやはり頼れるのは空気清浄機。花粉専用フィルターや、花粉を感知するセンサーなど、花粉に悩む人に嬉しい機能が付いたモデルを利用してみてはいかがでしょう。

  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail