妊娠・出産基礎知識

産科医が教える、超音波写真の見方

超音波写真はお腹にいるベビーの成長記録。ベビーの大きさや様子がわかれば、成長を実感できるとともに安心!

 

メジャーな「超音波写真」は断面を映した2D写真

いわゆる「超音波写真」といわれているものは白黒の2D(2次元)超音波写真。子宮やベビーの断面を映し出し、発育状況をチェックするのに適しています。
超音波を反射しやすい硬い部分は白く写り、反対にやわらかい部分は反射しにくいので黒く写るのが特徴。 背骨や頭蓋骨などの骨は白く、羊水や心臓、血液などは黒く写ります。

 

3D・4Dもあります

2Dの情報をコンピューターで処理し、立体的に映し出す3D(3次元)超音波写真、さらに動画として見られる4D(4次元)もあります。 3D・4Dはベビーの顔や体、しぐさがわかりやすいので、産院によってはDVDに録画してもらえるサービスを行っている所も。

 

リンゴのような形のマークは何?

超音波写真には、「プローブ」と呼ばれる器具を当てた断面図が映し出されます。

プローブには2種類あり、妊娠初期に使われる膣に挿入して撮影する「経膣プローブ」の場合はリンゴのようなマークが表示されることがあります(写真左)。

妊娠中期以降はお腹にジェルを塗ってプローブをあてて撮影する「経腹プローブ」方式で、お腹のイラスト(写真右)が目印。

 

ベビーのサイズ

サイズを示すアルファベットが表す場所を解説します。数値の単位はすべてmm。妊娠週数によって、測るところが変わるので、すべてが埋まることはありません。

BPD・・・ベビーの頭の横幅。妊娠週数やベビーの推定体重を算出するために必要な数値です。

APTD・・・お腹の前後でいちばん広いところの厚み。

TTD・・・APTDに対し、お腹の左右でいちばん広いところの幅。

FL・・・太もものつけ根から膝までの長さ。

AFI・・・羊水の量を表す指数。羊水過多などの診断に用いられます。

GS・・・妊娠初期に見える胎嚢(ベビーが入っている袋)の大きさ。胎嚢は楕円形なので長いほうの数値。

CRL・・・ベビーの頭の先からお尻までの長さ。8~10週前後では個人差がないので、この数値から妊娠週数や出産予定日を算出します。

 

妊娠週数と出産予定日

上記のサイズをもとに、妊娠週数と出産予定日を算出します。

AGE・・・測定サイズから推定される妊娠週数。 「w」はweekで何週か、「d」はdayで何日かを表しています。

EDC/DEL・・・AGEから算出される出産予定日。予定日は妊娠11週までのCRLで決定されますが、週数が進むと大きさに個人差がでてくるので、この表示は毎回かわります。ただし、実際の予定日はかわりません。

 

【気になるQ&A】


Q 超音波は胎児にあまりよくないのでは?
A 超音波の波は非常に弱く、装置の安全性はしっかり確認されています。

Q 超音波写真を見れば性別がわかりますか?
A 外性器が目立つようになる16週ごろから、角度によって超音波写真に外性器が写ることがあります。横から見ると、外陰部の突起が男性器は上向き、女性器は下向きになっていることが多いでしょう。

Q 超音波写真は時間がたつと消えてしまうって本当?
A 完全に消えるまでには時間がかかりますが、超音波写真は感熱紙に印刷するため、だんだん薄くなります。
スキャンやコピーをしたり、写真屋に持っていきデータとして保存することをおすすめします。

  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail