妊娠中の食事

果物ならたくさん食べても大丈夫?

Q:果物の“果糖”はたくさん摂っても大丈夫?

果物はいくら摂っても問題ないでしょうか?

 

A:“果糖”という糖分が含まれています。過剰摂取には気をつけましょう

ビタミンやミネラルが豊富な果物は、普段の食生活でも欠かせない食材です。妊娠中には一日当たり2~3つ程度(※)の摂取が勧められています。果物の中にも“果糖”という糖分が含まれていますので、過剰摂取には気をつけたいものです。

ミネラルや食物繊維もたっぷりなので、ドライフルーツもおすすめ。通勤バッグに入れて持ち運びしやすい利点もあります。しかし生の果物よりドライのほうが一口あたりのエネルギーは高め(**)です。生とドライ、それぞれの長所を楽しんでください。

※1つ分の目安=みかん1個、りんご半分、柿1個、梨半分、ブドウ半房、桃1個
** 生のバナナMサイズ1本(100g) 86 kcal、ドライバナナ(100g)  299 kcal

 

Navigator 回答者:角倉 知子先生

(独)国立健康・栄養研究所 管理栄養士

最新の健康・栄養情報をWEBでわかりやすく提供する方法を研究中。また「食体験を広げる子ども料理教室」の活動を行っている。

(監修)笠岡(坪山)宜代先生

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail