妊娠中の食事

産科医が教える、妊娠中のカフェイン講座

そもそも、カフェインのこと

妊娠中は、ホルモンの影響で気持ちが不安定になりがちです。
特にはたらく妊婦さんは、仕事や通勤の疲れからストレスを感じることもあるでしょう。
仕事中や休憩時間に飲むコーヒーや紅茶が、気持ちを和らげてくれることもあると思います。
一方で、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインが気になっている方も多いのではないでしょうか。
カフェインにはどのような作用があるのでしょうか。

【カフェインの作用】

  • 中枢神経興奮作用:感覚受容や精神機能を高め、眠気や疲労を除去し、運動機能を高めます。
  • 骨格筋に対する作用:疲労感をおさえ、活動性を増大させます。骨格筋に直接作用し筋肉の収縮を増強します。
  • 心臓に対する作用:心筋に直接作用し収縮力、拍出量を増加させます。
  • 利尿作用:腎臓の血管を拡張させ腎臓への血流量が増加し尿の生成をうながします。
  • 胃酸分泌を促進
  • 基礎代謝を増加

などの作用があります。
大量に摂取すると不眠、不穏、精神興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などがみられます。

 

妊娠中のカフェイン摂取について

妊娠中はカフェインを分解、排泄するのに時間がかかります。特に妊娠後期には代謝速度が1/3になり、体に長く残ることになります。
また、カフェインは胎盤を通過してお腹のベビーにも移行します。ベビーは肝臓の機能が未熟なためカフェインを排泄できず、体内に高濃度のカフェインがとどまることになります。

■ ベビーにはどのような影響があるのでしょうか。
流産、死産の確率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦さんに比べて、300mg以上摂取する妊婦さんは流産のリスクが2倍、 コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。(コーヒーのカフェイン含有量:100~150mg/杯)
カフェインは胎盤を流れる血液の量を減少させますが、ベビーの発育については関連があるという報告と、ないという報告の両方があり、いまのところは結論がでていません。しかし、カフェイン摂取と同時に喫煙をする習慣のある妊婦の場合は、明らかに発育の遅れがみられ、早産の傾向も認められます。

また、カフェインは産後の母乳にも移行するため、授乳中多量に摂取するとベビーがイライラしたり落ち着きがなくなったりすることがあります。また乳児突然死症候群の発症率が増加することがわかっています。

しかし、これらのデータはあくまでも大量に摂取した場合のことです。
1日数杯程度なら問題はありません。むしろ我慢しすぎてストレスを溜めることのないよう、ゆっくりとコーヒーや紅茶を楽しんでリラックスしてください。ただ、砂糖の入れ過ぎには注意しましょう。

*この記事は、堀院長のまめ知識コラムをもとに編集部がまとめたものです。

  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail