妊娠初期症状

【妊娠初期症状】熱っぽい(微熱や寒気)

風邪?それとも妊娠?

なんとなく体がだるかったり、微熱が続いたり、寒気がしたり…。前回の生理の3週間後あたりから、風邪のひきはじめによく似た症状が出ることがあります。これも妊娠初期症状のひとつ。

この時期は、受精卵が子宮に着床し妊娠が成立する頃です。体の中では、妊娠を持続させるためのホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、その影響で体温が平熱より少し高い、いわゆる「高温期」がしばらく続きます。普段から基礎体温をつけている人であれば、生理予定日になっても高温期が続いていることで、妊娠にも気がつきやすいでしょう。

体温の上がり方は人それぞれですが、一般的に、平熱より1℃前後高くなることが多いようです。37℃台になると、風邪を疑ってしまうのも無理はありません。

 

妊娠超初期に、薬を飲んでしまった場合は

生理予定日より前、まだ妊娠に気づかない時期に感じやすい症状のため、風邪だと思って薬を飲んでしまった…というケースが多いようです。風邪で熱があるから薬を、と安易に飲む前に、妊娠の可能性のある方は、本当に必要な薬かどうか、もういちど考えてください。

飲んでしまった場合は、その時期と薬の成分がわかれば、妊娠に対して影響があるか調べることができます。ひとりで悩まずに医師に相談をしましょう。

 

【監修】村上麻里先生


新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。
  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail