妊娠初期症状

【妊娠初期症状】腰痛

腰痛:意外にもホルモンの影響も!

妊娠初期には、まだお腹が大きくなっていなくても、腰痛を感じることがあります。
これは妊娠中に分泌されるホルモン、“リラキシン”によるもの。“リラキシン”は、骨盤の関節を作っている結合組織やじん帯をゆるめ、ベビーが骨盤の中を通りやすくなるようにします。妊娠するとごく初期からこの働きが始まりますが、骨盤がゆるんでいては、その上に並ぶ背骨や首、頭を支える事ができませんし、歩くことも難しくなります。そこで骨盤まわりの筋肉は、ゆるんだ関節を支えようと緊張が強くなり、これが腰痛の原因になるのです。

腰だけでなく、おしりの奥の方や足の付け根、恥骨あたりが痛むという方も多いようです。骨盤はいくつかの骨が組み合わさって形作られています。関節とは骨と骨のつなぎ目ですから、痛くなるのはその部位、つまり解剖学的な言葉で表すと、仙腸関節、股関節、恥骨結合という場所です。

妊娠後期の腰痛は、また別の原因もあります。お腹が大きくなってくると、からだの重心が前に傾きます。お腹の重みを背側で支えることになるため、自然に身体を反らしてバランスを取ろうとします。この姿勢は、背骨の自然なカーブを反対方向に反らしてしまうため、腰の筋肉や結合組織、じん帯に負担がかかり、腰痛を起こすのです。

 

妊娠中の腰痛改善は、腹帯、温め、運動

 

■ 腹帯

骨盤がゆるむことが原因で起きる腰痛には、骨盤のゆるみを改善させることが基本です。骨盤の周りを、さらしの腹帯で支えるように巻くと、骨盤が締まり安定します。助産師に正しい腹帯の付け方を聞いてみましょう。さらしを巻くのは難しいという人向けには、妊婦さん専用の腰痛防止ベルトが楽かもしれません。骨盤周りだけでなくお腹全体もしめつけてしまうガードルでは、あまり効果は期待できません。自分に合ったタイプを探してみましょう。

 

■ 温める

冷えは、腰痛を悪化させます。普段の生活の中でもお腹、腰は冷やさないこと。お腹をしめつけないことも大切ですので、大きめのショーツを重ねばきしたり、やわらかい素材の腹巻きを使ってみては。使い捨てカイロでもいいですが、低温やけどに注意が必要です。むやみに体に貼らないようにしましょう。入浴はシャワーで済まさず、できるだけ湯船につかり、からだを温めましょう。血行がよくなると腰痛もやわらぎます。

 

■ 運動

適度な運動で筋肉を動かすとよけいな緊張がとれ、腰痛の改善が期待できます。妊婦さん向けの腰痛体操やエクササイズも試してみて良いでしょう。お腹に負担がかからないよう気をつけましょう。また、痛いのを我慢して無理やり動かすと、かえって体を痛めることもありますので注意しましょう。
もともと筋肉が鍛えられている人は、妊娠して骨盤がゆるんできても筋肉の力で十分支えることができるので、腰痛にはなりにくいものです。妊娠してからでも遅くはありません。少しずつ体作りをしていきましょう。体調の良いときにウォーキング、マタニティスイミング、マタニティヨガ、マタニティビクスなどの運動を始めてみては。気分転換にもなりますね。

 

【監修】村上麻里先生


新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。
  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail