赤ちゃんの絵本

ファーストブックの定番『だるまさんが』

あらすじ…登場するのは、とぼけた顔をしただるまさん。でっぷりとした体をゆらゆら揺らし、かわいい動きを披露します。だるまさんがのびたり、倒れたり、さぁ次はどんな動きをするのでしょう…。

 

読み手は絵本を揺らしてみて

絵がシンプルでわかりやすく、繰り返しのリズムとオノマトペ(“どてっ”などの擬音)がたのしい絵本。だるまさんが一列に並んでいる場面は、本をわずかに揺らして、注意を引きます。ただし、動かしすぎると焦点が定まらないので、あせらず、ゆったりと、ベビーの笑顔を引き出す感じをお忘れなく。読んであげると、だるまさんを、しっかりと眼で追い、触ろうとします。オノマトペにはうれしそうな表情を見せ、時々声を上げることも。

 

『だるまさんが』

かがくいひろしさく/ブロンズ新社893円(税込)

 

>>お求めは、絵本クラブで!今ならCa-sun読者にプレゼントも♪

 

Navigator 加藤美穂子

JPIC(財)出版文化産業振興財団読書アドバイザー。絵本の楽しみや読み聞かせの大切さを伝える。

本・絵本   ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail