今日のおつきさま

明日は新月。お産が近づいているかも
TOP > 妊婦さんのマネー講座 > 【1】妊娠・出産・子育てにかかるお金をおさらいしよう!

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

妊婦さんのマネー講座

【1】妊娠・出産・子育てにかかるお金をおさらいしよう!

妊娠や出産、子育てのスタートには、いったいどのくらいのお金がかかるのでしょうか。まずはこの時期、そしてこれから先の子育てにかかるお金を確認しましょう。

妊娠中にかかるお金は、2種類



妊娠中にかかるお金には、大きく分けて次の2種類があります。

(1)妊婦健診など、病院にかかる費用
(2)出産準備品の購入費用

妊婦健診費用は、保険がきかないため、実費負担ではありますが、現在、自治体による補助などがあり、妊婦さんの負担はかなり少なくなってきています。
多くの市区町村では、14回までの無料クーポンなどを発行しており(※母子手帳と一緒に受け取る場合が多いでしょう)、この範囲内は無料となります。この回数を超えた場合や、健診の範囲外の検査は自費となります。
妊婦健診、1回あたりにかかる費用はおおむね5,000~10,000円ほどです。


出産準備品の購入費用は、人によって差が出るところ。おさがりなどを活用すれば、さほど出費にはなりませんし、レンタルを活用する方法もあります。
ベビーのために、良いものをたくさん買ってあげたい気持ちになるかもしれませんが、子育てに本当にお金がかかるのは、数年先に待っている、子どもの教育費です。


くわしくは、専門家に相談を!
★今ならJCBギフトカード6,000円分プレゼントキャンペーン中!>>


出産費用は、42万円もらえる!?



出産そのもの(分娩とその後の入院)にかかる費用は、病院によってさまざまですが、おおむね約40~100万円の場合が多いでしょう。病室や食事のグレード、ベビーやママの体の状態による入院期間の延長などで、増減します。


ただし、健康保険の加入者または被扶養者は、だれでも「出産育児一時金」がもらえます。ベビー1人につき42万円、双子なら84万円。原則としては、直接この金額が病院に振り込まれるため、実際に退院時に支払うのは、差額となる場合が多いでしょう。(※病院によってことなります)

また、帝王切開などの保険医療による分娩を行った場合は、治療にかかるに健康保険が適用されます。医療保険の適用範囲になる場合もあります。
帝王切開などに備え、妊婦中に入れる医療保険があります。

専門家への相談で、JCBギフトカード6,000円分がもらえます>>
「ほけんの時間」の無料診断
約2時間で、家計のことがすっきりわかる!
家計の診断や、ぴったりの保険を自分で考えるのはなかなか難しいもの。
そんな時は、専門家に相談するのがベターです。
無料保険相談の「ほけんの時間」なら、
お金の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に
直接相談することができます。
公開日:2014年03月24日

←妊婦さんのマネー講座 のトップへ

そのほかの記事