SARAYA×ニンプス
SARAYAから妊婦さんへお伝えしたい【衛生・環境・健康】お役立ち情報
1 夏でも、赤ちゃん肌には保湿がマスト
まもなく出産を迎える妊婦さんは、夏生まれベビーのママに。 夏場は乾燥対策への意識が低くなりがちですが、赤ちゃんのお肌は皮膚が大人の半分ほどの厚さしかなく、水分量や皮脂量が少なくてとっても乾燥肌なんです!
だからこそ、夏も保湿ケアがマスト。うるおいのあるぷるぷるの赤ちゃん肌を、ママのスキンケアで守ってあげましょう。
2 植物の力で潤いを

夏の保湿ケアにおすすめなのは、すっと軽く伸びてベタつかず、しっかり潤うアラウ.ベビープラスのモイストローション。植物由来の保湿成分がやさしく肌をうるおし、肌刺激のもととなる成分は一切無添加。生まれたばかりのピュアなお肌を守るのにふさわしい、安心の「無添加スキンケア」が叶います。

ママも心地よいオーガニックのラベンダー精油の香りつき。スキンシップも兼ねて毎日の保湿ケアを楽しめます。

アラウ.ベビープラス モイストローション 120ml 900円(税抜)
ご購入はこちらから »
アラウ.ベビー 泡全身ソープ
本体:450ml 800円 詰替:400ml 600 円(すべて税抜)
ご購入はこちらから »
3 保湿の前に「洗う」にもこだわって
保湿というとお風呂上りのケアに意識が向きがちですが、その前の「洗浄」で皮脂を取りすぎないことも大切です。
赤ちゃん用というイメージの強い「弱酸性のボディソープ」の成分はすすぎ残ると肌トラブルのもとになりがちな合成界面活性剤。しっかり落とすために長時間すすぐことが水分の蒸発を招き、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。また弱酸性は洗浄力が弱いため、しっかり洗わないと皮脂汚れが残りやすい問題も…。
おすすめなのは安心な成分で古い皮脂汚れをしっかり落とし、素早い泡切れで余計な負担を肌にかけない洗い方。昔から洗浄材として使われる「せっけん」が赤ちゃんのお肌には最適です。
4 はじめての沐浴には「手のひら洗い」を!
生まれたばかりの赤ちゃんのお風呂は、小さなベビーバスにお湯をはって体を洗う「沐浴」です。お湯の中にいる赤ちゃんを片手で支えながら体を洗うことになるので、ワンプッシュできめ細やかな泡が出てくる泡全身ソープがきっととても便利!
さらに、きめ細やかな泡のクッションをつかった「手のひら洗い」はお肌への摩擦や刺激を軽減してくれます。ママやパパの温かい手でやさしく洗ってもらうのは、赤ちゃんも気持ちがいいはず。スキンシップにもつながります。
番外編 アラウが提案する3STEPスキンケアとは?

アラウ.ベビーが提案するのは、「洗う」「うるおす」「包む」の3ステップスキンケア。

STEP1
きめ細かな泡で頭から足の先まできれいに「洗う」

STEP2
低刺激な無添加のローションで優しく「うるおす」

STEP3
赤ちゃんのお肌に直接触れる衣類を無添加せっけんで洗って「包む」

赤ちゃんのお肌はじつはとてもデリケート。
「やさしさ」と「安全」にこだわりぬき、赤ちゃんのお肌へのやさしさを追求した3ステップです。

SARAYAは手肌と環境にやさしい、エコロジー洗剤の代名詞ともいわれる「ヤシノミ洗剤」シリーズ、先輩ママの間で人気のブランド「アラウ.」シリーズなどのほか、食品製造の現場から公共施設、病院など医療機関のプロの現場で、商品を通して【衛生・環境・健康】に関わるサービスを提供しています。

また、「命を守る手洗い」を広めるため世界各地の途上国で手洗い事業を展開するほか、熱帯雨林と多くの動植物を絶滅の危機から守るため、ボルネオの環境保全などに関わり、すべての商品の売り上げの一部を社会貢献活動にあてています。

詳しく見る