SARAYA×ニンプス
SARAYAから妊婦さんへお伝えしたい【衛生・環境・健康】お役立ち情報
アフリカ・ウガンダの子どもたちの衛生環境改善のために、衛生商品の売上の1%が使われています。
衛生商品の売り上げの1%は、アフリカ・ウガンダの子どもたちの衛生環境改善のために使われています。ユニセフと協働した 「100万人の手洗いプロジェクト」も実施。
1 SARAYAの原点! 手洗い・消毒のノウハウを妊婦さんにも
SARAYAが創業した1952年の日本は、戦後の傷跡がまだ残り、衛生状態が悪く、赤痢などの集団感染も多い時代でした。創業者である更家章太は、人々の健康を守るために、日本で初めて手を洗うと同時に殺菌・消毒ができる薬用石鹸液と専用の容器を開発・販売。これがSARAYAのはじまりです。
衛生の基本は、正しく手を洗うことから。現在SAYARAは「命を守る手洗いを世界に広めたい」という理念のもと、途上国の衛生に貢献すべく、世界各国で正しい手洗いや消毒の方法を伝える活動を展開しています。
【衛生】はSARAYAの原点。創業以来培ってきたノウハウを、大切なベビーをお腹の中で育てている妊婦さんにもご紹介します。
2 やっぱりこれが基本!正しい手洗い法

しっかり手洗いすることは最も安価で有効な感染予防の手段であり、体調管理の基本。まずは正しい手洗い法を習得しましょう。下記の通りです。

1 手を水で濡らしてから石鹸を手にとり、しっかり泡だてます。
2 手の甲を反対の手でもみ洗いします。(両手を忘れずに)
3 指の間に反対の手の指を1本1本入れてもみ洗いします。
4 親指を反対の手で握るようにして洗います。
5 手の平と指の先もしっかり洗います。
6 最後に手首を洗い、石鹸を水でしっかり洗い流します。
7 清潔なタオルやハンカチ、紙ナプキンなどでよく拭きます。
みんなの手洗いサイト「て・て・て 手洗いのサラヤ」では、手洗い法をイラストでわかりやすく掲載しています。
このような表示があるかどうか、商品裏をチェックしましょう!
3 ちゃんと除菌してくれるアルコール消毒剤の選び方

ここ最近、衛生のマストアイテムになりつつあるアルコール消毒剤ですが、商品によって効果もまちまちです。妊娠中の今、やはり重視したいのは「消毒効果」。しっかり消毒してくれる商品の見極め方は、以下の3項目になります。

1 アルコール濃度が60%~80%
CDC(米国疾病予防管理センター)ガイドラインでは60%以上が消毒に有効であるとされています。
2 「火気厳禁」の表示がある
アルコール濃度が高い商品にはこの表示が義務付けられています。
3 「指定医薬部外品」の表示がある
国が認可した"医薬品"レベルの品質である証です。
4 「ハンドラボ 手指消毒ハンドジェルVS」新発売!

11月に発売された「ハンドラボ 手指消毒ハンドジェルVS」は、通常のアルコール消毒剤では効果が劣るとされてきたノンエンベロープウイルス※を含む幅広いウイルスと細菌に対応する「酸性アルコール消毒剤」。これからの季節にとくに気になる流行ウイルスや細菌をしっかり取り除き、健康を守ってくれます。
病院など医療の現場でも活用される【衛生のSARAYA】の自信作です!

※ノンエンベローブウィルスとは…ウィルスは構造からエンベローブのあるものとないものに分けられます。「ノンエンベローブウィルス」のうち私たちがよく耳にするのは「ノロウィルス」や「ロタウィルス」です。

ノンエンベローブウィルスについて詳しくはこちらのページをご覧ください »
「ハンドラボ」 WEBサイトはこちら
番外編 マスクも正しく使いましょう

これからの季節、人ごみに出かける際にマスクがあると安心です。
マスクの使い方を間違えている人もじつはたくさん。正しい使い方をご紹介します。

1 マスクのプリーツが下向きになるほうが「表(顔につかないほう)」です。
2 装着したら、プリーツを開いて顎までしっかりガードしましょう。
3 一度使ったマスクの「表」側にはウイルスがたくさんついています。表側を触った手は、しっかり洗うことが大切です。

SARAYAは手肌と環境にやさしい、エコロジー洗剤の代名詞ともいわれる「ヤシノミ洗剤」シリーズ、先輩ママの間で人気のブランド「アラウ.」シリーズなどのほか、食品製造の現場から公共施設、病院など医療機関のプロの現場で、商品を通して【衛生・環境・健康】に関わるサービスを提供しています。

また、「命を守る手洗い」を広めるため世界各地の途上国で手洗い事業を展開するほか、熱帯雨林と多くの動植物を絶滅の危機から守るため、ボルネオの環境保全などに関わり、すべての商品の売り上げの一部を社会貢献活動にあてています。

詳しく見る