SARAYA×ニンプス
SARAYAから妊婦さんへお伝えしたい【衛生・環境・健康】お役立ち情報
1 妊娠中のオーラルケア
妊娠すると、ホルモンバランスの変化から、お口の中の健康状態にも変化が訪れます。歯茎が腫れやすくなったり、歯周病菌が増殖したり。つわりの影響で1日中何かを口にしていたり、はみがきを丁寧にできなかったりも…。 妊娠を機に、身につけるものや口にするものの素材を気にするようになる方はとても多いもの。ハミガキも、天然成分のものを選んでみませんか?
2 妊婦さんこそナチュラル素材のハミガキを
一般的なハミガキには、洗剤と同じように「合成界面活性剤」が使われています。ハミガキ後に食べ物の味が変わってしまうのは、口の中の細胞が合成界面活性剤によって麻痺してしまうから。口腔内はバリア機能がない粘膜のため、体の他の部位よりも使うものの影響を受けやすいのです。妊娠中はさらにデリケートに。できればナチュラルな天然素材のハミガキを使いたいという妊婦さんは多いものです。
そこでおすすめは、アラウ.の無添加ハミガキ。洗浄成分はほかのアラウシリーズと同じく、100%植物性の石鹸成分です。自然派志向の方々に愛用されているナチュラル素材のハミガキです。
アラウ. せっけんハミガキ 120g
380円(税抜)
ご購入はこちらから »
3 アラウ.のハミガキは、安心の「無添加」
アラウ.のハミガキは、合成界面活性剤だけでなく、アルコールや発泡剤、合成香料や着色料、保存料などをいっさい添加していない「無添加」ハミガキ。気になるフッ素も無添加です。
さらに、硬い研磨剤(シリカ)が入っていないので、デリケートな妊娠中の歯茎にもやさしい処方。さらにいたわり成分としてシソエキスを配合しています。
4 つわり中も歯磨きしやすい理由

じつは、アラウ.のハミガキは、歯を磨くのがつらいつわり中にもおすすめ。その理由は…

・低発泡性で泡立ちが少ない(電動歯ブラシにもOK)
・泡切れが良いのでさっとすすげる
・天然のミントのフレーバーですっきり爽やか
・後味が強く残らないので口の中がさっぱり

ただし、口の中にハブラシを入れるのが辛いという場合は、口をゆすぐだけでも仕方ない時期でもあります。どうぞご無理されず。体調が落ち着いたらしっかりと歯磨きをしましょう。

番外編 どうせなら、天然毛の歯ブラシはいかが?

アラウ.のオーラルケアシリーズには、天然毛のハブラシも2種類販売しています。ブラシの素材は馬のたてがみ。ナイロン製のブラシと異なり、表面に凸凹があるので汚れを絡めて取り除きやすいのが特長です。超コンパクトヘッドで磨きやすいところも好評。やや固めの「ふつう」のブラシのほうが汚れを効率よく除去しますが、歯茎がデリケートになっている妊娠中は、「やわらかめ」でやさしく洗ってあげるとよいでしょう。

左:アラウ.天然毛ハブラシ ふつう
右:アラウ.天然毛ハブラシ やわらかめ
各350円(税抜)
ご購入はこちらから »

SARAYAは手肌と環境にやさしい、エコロジー洗剤の代名詞ともいわれる「ヤシノミ洗剤」シリーズ、先輩ママの間で人気のブランド「アラウ.」シリーズなどのほか、食品製造の現場から公共施設、病院など医療機関のプロの現場で、商品を通して【衛生・環境・健康】に関わるサービスを提供しています。

また、「命を守る手洗い」を広めるため世界各地の途上国で手洗い事業を展開するほか、熱帯雨林と多くの動植物を絶滅の危機から守るため、ボルネオの環境保全などに関わり、すべての商品の売り上げの一部を社会貢献活動にあてています。

詳しく見る