今日のおつきさま

新月は「静」、そして「始まりのエネルギー」に満ちているとか
TOP > special|ニンプス特集 > 妊娠中の冷えが良くないのはなぜ?

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

special|ニンプス特集

妊娠中の冷えが良くないのはなぜ?

そもそも「冷え」は、体の末端の血流が悪くなるために起こります。慢性的になっていて、自分では気づかない人もいるようですが、手の平で触ってみて、ひんやりしていればその部位は冷えている証拠。手足やお腹のほか、太ももやお尻も案外冷えています。


妊娠中の「冷え」はなぜ大敵?



女性にとっての「冷え」は、妊娠中でなくても悩みのタネ。腰痛、頭痛、むくみ、便秘などの症状は、「冷え」が原因ということも。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化により自律神経が乱れ、いっそう「冷え」を感じる人もいるようです。腰痛や便秘などのマイナートラブルに加え、頻繁なお腹の張りや、血流が悪くなりすぎると切迫流産や早産の恐れもあるといわれています。大切なベビーを守るという意味でも、「冷え」をできるかぎり改善したいもの。
体の内側から暖める方法をご紹介します。

妊娠初期でも大丈夫。
電車でもオフィスでもできるプチストレッチ


血行が良くなり、むくみの緩和のほか、リラックスもできるストレッチです。
(1)椅子に座り、足をぺたりとつけた状態から、爪先だけゆっくりと上げ
(2)次はかかとだけゆっくり上げ、
(3)ゆっくりとこれらの動作を繰りかえします。
両足3セット、1日に3回くらいが目安です。
※つわりが治まった頃を目安に、医師と相談しながら始めましょう。





食べもので体の内側から温める

オフィスでの水分補給は、冷たいものではなく温かい飲み物がベターです。
ノンカフェインの麦茶やルイボスティーも、意識的に温かいものを飲むようにしましょう。また体を温める効果のある※1ほうじ茶、岩茶(がんちゃ・中国茶の一種)も、1日に1~2杯であれば、妊婦さんでも問題はないようです。

また、黒っぽい色の食材(黒豆、ひじきなど)や、※2根菜(にんじん、ごぼう、蓮根、かぼちゃなど)、ナッツ類も体を温める食材です。逆に、きゅうりやトマトなどの夏野菜は体を冷やす作用があります。糖分も体を冷やすといわれています。甘いものの摂りすぎにはご注意を。

とはいえ、いずれも神経質になり過ぎることのないように、旬の食材をバランスよくいただくことが大切です。

※1 ほうじ茶、岩茶には少量のカフェインが含まれています。
※2 大根やジャガイモなどの例外もあります。
疾患やトラブルのある方は、医師と相談しましょう。
公開日:2014年03月26日

←special|ニンプス特集 のトップへ

そのほかの記事