今日のおつきさま

デトックスやリセットするケアがおすすめ
TOP > special|ニンプス特集 > お空の上で、ママを選んだよ

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

special|ニンプス特集

お空の上で、ママを選んだよ

胎内記憶についての調査をすすめるうち、日本における胎内記憶の第一人者、産婦人科医の池川明先生は、ママのお腹に宿る前の記憶を持つという子どもたちとも出会いました。多くの子どもたちが、自分でママを選んで生まれてきたというのです。

優しそうなママが1番人気、辛そうなママは2番人気



「お空の上でママを選んできた」と多くの子が語ります。ママを選んた理由で一番多いのは、 「優しそうだから」。
「優しいと思ってママのところにきたのに怒ってばっかり。私勘違いしちゃった」
と子どもに言われて驚いたというママもいます。

また辛そうなママを見て「ママを助けたい」という使命感をもって生まれてくるベビーもいます。
ある中学生の男の子は、「お父さんとお母さんは仲が悪かったけれど、別れないほうが幸せになれると分かっていた。だから僕は2人を選んで生まれてきた。」と話したそうです。

とても仲のいいご両親に見えたけれど、訊ねてみたところ結婚当初は本当にトラブルが多く、別れようかと思っていたら子どもができて離婚をとどまったということでした。
あるママは、パパが冷たくてどうしてこんな人と結婚したのかと悩んでいたときに授かった子を流産してしまい、その時パパがとても労わってくれたのだそうです。流産という悲しい体験で、ママは夫が本当は優しい人だと思い出すことができた。
そんなとき池川先生は、本当に子どもは命をかけて「困っているママを助けたい」とお腹にくることを感じると言います。

幸せのキーワードは「笑顔」



ベビーは、ママを幸せにするためにうまれてくるということをどうか忘れないでください。
妊娠中はぜひ、たくさんお腹に語りかけてあげてください。生まれたら育児を通して、「あなたが生まれてきてくれただけで、お母さん幸せよ。」と伝えてあげてください。それだけで子どもは幸せになれるのです。
また、子育ては子どもが「親が自分の気持ちをわかってくれようとした」と感じているかが大切です。それが伝わっていれば叱っても、意見が違っても大丈夫です。

それは、3歳くらいまでに親にまるごと受け止めて愛されていたという思いがあるかどうかだと思います。愛は、伝えなければわかりません。
伝えるには「笑顔」が一番。ママが笑顔だと子どもも笑顔になります。つられてパパも笑顔になります。
誰もがときには「自分の気持ちをわかってくれない」という気持ちになるものです。でも自分が笑顔でないと、相手も笑顔になれないもの。気が付いた人から変えていけばいいのです。
幸せのキーワードは「笑顔」です。

(関連記事)
胎内記憶-生まれる前からママが大好き!-

胎内記憶のドキッとエピソード!
公開日:2014年04月03日

Navigator 【取材協力】池川 明先生

池川クリニック院長。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年に池川クリニックを開設。胎内記憶・誕生記憶の研究を医療の現場にいかしている。著書多数。

←special|ニンプス特集 のトップへ

そのほかの記事