今日のおつきさま

デトックスやリセットするケアがおすすめ
TOP > special|ニンプス特集 > 渡辺満里奈さんが実演!マタニティ・ピラティス【呼吸編】

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

special|ニンプス特集

渡辺満里奈さんが実演!マタニティ・ピラティス【呼吸編】

渡辺満里奈さんが、第2子を妊娠中に手掛けたDVD「マタニティ・ピラティス(日本コロムビア/TBSサービス)」から、基本の動きをご紹介します!

まずは呼吸法をマスター


ヨガなどでなじみのある腹式呼吸や一般的な胸式呼吸とは違う呼吸法です。たくさんの空気で胸郭を膨らませてゆっくりと吐くことで、体全体に酸素が行きとどき、血流を促します。リラックス効果も大!

※フレッチャー・ピラティス(R)独自の呼吸方法で、「パーカッシブ・ブリージング(TM)」になります。

呼吸法【吸い方】
息は鼻から吸って口から吐きます。
口を閉じ、肋骨が立体的に膨らむことを意識しながら、たっぷり空気を吸いましょう。
慣れないうちは肋骨に手を当てて、息を吸ったときに肋骨が膨らむことを確認すると◎。左右のどちらかが膨らみにくいこともあるので、片方ずつ空気を入れて確認してみても。左右均等に肋骨が膨らむように練習をしましょう。

呼吸法【吐き方】
まずはお腹が以下の4つのパーツに分かれているというイメージを持ちます。
・肋骨の下
・ウエストの上部
・ウエストの下部
・下腹部
口を小さくあけ、4つのパーツが上から順に閉じていくことを意識しながらゆっくりと息を吐きます。
4つの部分を閉じる力によって押し上げられた空気が口から出ていくときに「シューッ」という摩擦音となります。最終的には、1度に吐く息で4つの部分を閉じられるように。


★注意事項★
このマタニティ・ピラティスは妊娠14週目以降の妊婦さんが対象です。エクササイズを行う際には、かかりつけの医師とご相談の上、以下の注意点を守って行いましょう。
 
・体温と脈を測り、異常がないことを確かめてから行いましょう。
・エクササイズ中、体温が上がりすぎないように注意しましょう。
・エクササイズは1日20~30分程度にしましょう。
・事前に水分をしっかり摂取しましょう。
・体調にあわせて無理のないように行いましょう。
・お腹が張ったり疲れが出た時は無理をせず必ず休みましょう。
・妊娠中は関節の稼動域が広がるので、足の開き過ぎなど過度なストレッチをしないようにしましょう。
・仰向けになる姿勢をしていると気分が悪くなることがあるので、長時間続けないように注意しましょう。
・エクササイズ中、痛みを感じたり具合が悪くなった場合はただちに中断し必要な場合は医師に相談しましょう。
・万一の事故・怪我などに対して一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
・エクササイズの効果には個人差がありますのでご了承ください。

公開日:2014年04月07日

←special|ニンプス特集 のトップへ

そのほかの記事