今日のおつきさま

新月
今日は新月。新月にお産が始まるかたも多いそう
TOP > special|ニンプス特集 > ハッピーバースクラス「沐浴と抱っこの講座」

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

special|ニンプス特集

ハッピーバースクラス「沐浴と抱っこの講座」

9月21日、ストッケとニンプスのコラボイベント「ハッピーバース クラス」の第3回目を、東京・渋谷区の「広尾レディース」にて開催いたしました。これからパパ・ママになる4組のカップルの皆さんとともに、ストッケの企業理念でもある“Growing Together.™ ~共に育む~”をテーマに体験し、赤ちゃんとの暮らしについて、考える時間を過ごしました。
※第2回目のクラスの様子をこちらのページでご紹介しています!>

今回は、クラスの中でご紹介した助産師・村上智子さんの沐浴講座と、マタニティ専門鍼灸院「天使のたまご」の藤原亜季さんによる抱っこ講座をご紹介します。


新しい沐浴の形!「外洗い」とは


助産師の村上智子さんが教えてくれたのは、「外洗い」という沐浴の方法。産院などで教えていただける、ベビーバスの中で洗う方法を「内洗い」というのに対し、「外洗い」はその名の通り、ベビーバスの“外”で赤ちゃんを洗う方法です。

どちらがベターということではなく、両方覚えておくととっても便利!沐浴は赤ちゃんとパパママが触れられる貴重な時間ですが、慣れないうちはお湯の中で赤ちゃんを支えながら洗うのが意外と大変。そんなときには「外洗い」がおすすめです。

【初めてでも安心な 「外洗い」の方法】

1.沐浴の用意をします。用意する物はこちら
 ・ベビーバス(フレキシバス):お湯は冬場なら40℃弱
 ・手桶かボール
 ・バスタオル
 ・着替えとおむつ
 ・沐浴布
 ・ガーゼ
 ・せっけん(泡ソープでもOK)
 ・防水シートもあると便利(クッション裏地のレジャーシートを丁度いい大きさにカットしたものでもOK)


着替えやタオルは、下からこの順番で敷いておきます。

(下が固い場合は、座布団やバスタオル)

着替えとおむつをセットした状態で広げて

バスタオル

もう1枚バスタオル (あれば、防水シートのほうが洗濯物が減らせます)

2.1で準備したうえに、赤ちゃんを寝かせます。

3.手桶(またはボール)にお湯を取り、ガーゼを浸して軽く絞り、赤ちゃんの目を目頭から目尻に拭きます。左目と右目で「面」を替えます。

4.お顔を擦らないように拭きます。耳は表裏を挟み込むようにして、裏側もしっかり拭きます。*湿疹があるときは泡立てた石鹸でやさしく洗い、ガーゼで泡をふき取ります。

5.ガーゼを浸して頭を濡らしたら、石鹸を手に取って頭を洗います。ガーゼを絞って頭のせっけんを軽くふき取ります。

6.肌着とおむつを脱がせます。(脱がせた肌着は、赤ちゃんの下に敷いたままでOK)絞った温かいガーゼで体を蒸らし、石鹸をよく泡立て両手に取り、赤ちゃんの首、腕、胸~おなか、足と両手で洗っていきます。首・わき・手足の関節は、汚れが貯まるポイント。指の腹を使いしっかり洗います。着ていた肌着で泡をさっと拭き取ります。

7.首を支えるようにして赤ちゃんをうつぶせにし、同じように背中を蒸らしてから洗います。肌着で泡を拭き取ったら、また仰向けに戻します。

8.最後におまたの部分を洗います。男の子は陰嚢(おちんちんのふくろの部分)の裏まで丁寧に。女の子は、あまり強くこすりすぎないようやさしく指の腹で洗います。泡を拭き取ったら、薄手の沐浴布を赤ちゃんにかけます。赤ちゃんは包まれていると安心です!

9.お湯の温度を確かめてから(肘をつけて熱くもぬるくもない程度)、赤ちゃんを落とさないよう、首とおまたのところを手で支えて、いよいよバスタブの中へ。脚からゆっくり入れていきます。

10.泡で洗った時と同様に、ガーゼでお湯を取りながら、まずは頭をゆすぎます。続いて首、腕、おなか、足とガーゼを使ってゆすいでいきます。

11.赤ちゃんの脇に手で支えるように、腕にもたれかかるような形でうつぶせにして背中をゆすぎます。ふたたび仰向けにして、最後はおまたをすすぎます。お湯に浸かっている時間は5分未満がベスト。ささっと残りの石鹸を洗い流しましょう。

12.バスタオル(または防水シート)をめくった下にある、きれいなバスタオルの上に赤ちゃんを寝かせて、水分を拭き取ります。

13.タオルをはずして、下にある肌着とおむつをあてておきます。おしっこが出てもよいように、まずおむつをつけるのがベター。

14.あーさっぱり。湯上りです。母乳やミルクで水分を補いましょう。

村上先生の、沐浴アドバイス


沐浴の体勢は、赤ちゃんを産んだばかりのママにとってつらいもの。ぜひパパが担当してください。赤ちゃんと触れ合える、貴重な時間になること間違いなしです。帰宅が遅いパパの場合は、ぜひ朝風呂ならぬ、朝沐浴に挑戦してください。いつもより30分早く起きれば、沐浴タイムがとれるはず!お風呂は親子のコミュニケーションタイムです。パパママから赤ちゃんに話かけたり、歌ったりしながら楽しんでくださいね。

沐浴のベビーバスは、「フレキシバス」のように、底に穴があるものがお湯を捨てやすくラクちんです。「フレキシバス」は、折りたたみできるのもよいですね。
かわいらしいデザインが私も大好きです!沐浴の時期が過ぎても、夏場の水遊びや、ママの足湯、子どものおもちゃ入れと、いろいろ活用できそうです。


「フレキシバス」で第2子の沐浴を行っていた、ニンプス編集長のブログもぜひご覧ください♪>

抱っこで愛情たっぷり!骨盤ケアも意識しましょう



抱っこ講座を担当してくださったのは、マタニティ専門鍼灸院「天使のたまご」の藤原さん。赤ちゃんとの愛情たっぷりの抱っこについてと、意外と知らない抱っこ紐と骨盤の関係についても教えていただきました!

赤ちゃんにとって、いちばん居心地の良い場所は、ママやパパの腕の中。抱っこされることで赤ちゃんは安心して過ごすことができます。腕での抱っこは、長時間や移動中は大変なもの。やはり、抱っこひもが1つあると便利です。

抱っこひもは、正しく装着することが大切。今回はストッケの「マイキャリア」を、参加いただいたパパを中心にお試しいただながら、藤原さんにレクチャーいただきました。

抱っこひも選びのコツ1
抱っこひもは着け方を間違えると、産後のママの骨盤に影響しがちです。つい腰の骨あたりで締めがちですが、じつはこれは骨盤にとってあまりよくありません。できれば「マイキャリア」のように、おへそのあたりで締められるもの(骨盤の上部を締めてしまわないもの)がベストです。
産後、元の身体に戻ろうとする力を妨げない抱っこをしましょう。

締め方の正しい位置は、ニンプス編集長のブログでご紹介しています>

抱っこひも選びのコツ2
ママ(やパパ)の姿勢を正しく保つことも重要です。抱っこひもで姿勢が崩れると、腰痛や肩こりの原因になりがち。背筋を伸ばして抱っこできるとベストです。
「マイキャリア」は、背中の部分に、肩や腰への負担を軽減するためのバックサポートが付属しているので、背筋が伸びて自然と正しい姿勢にしてくれます。


抱っこひも選びのコツ3
「マイキャリア」のように、赤ちゃんのお顔とママが近い位置で抱っこできる抱っこひもも○。ホールド感もしっかりで、安心です。

昨年11月からスタートし、今回3回目を迎えた「ハッピーバースクラス」。合計19組のママとパパにご参加いただいております。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
公開日:2014年10月03日

←special|ニンプス特集 のトップへ

そのほかの記事