今日のおつきさま

三日月
TOP > special|ニンプス特集 > 水天宮の新社殿をレポート!

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

special|ニンプス特集

水天宮の新社殿をレポート!

新しくなった水天宮の社殿をレポート!



安産や子授けの神様で知られ、戌の日にはたくさんの妊娠5ヶ月の妊婦さんが安産祈願に訪れる東京都日本橋の水天宮が4月8日(金)から新社殿に。

3年前の平成25年から行っていた社殿の建て替えが完了し、妊婦さんや小さなお子さん連れのファミリーに、より安全で快適なつくりになりました。

さっそく新社殿に参拝してきましたので、レポートします!

地下鉄「水天宮前」駅5番出口からすぐ

いままでの仮宮は「浜町」駅が最寄りでしたが、本来の「水天宮前」駅が最寄りです。地上に上がり、社殿を左手にしばらく歩きます。



入口は、コンクリート造りのモダンな印象。都会の神社という趣もたっぷりです。



階段を上がると狛犬や鳥居、社殿がお目見えします。
手水鉢で身を清めてから参拝しましょう。



ご祈祷の申し込みと待機場所は

御祈祷の申し込みは、社殿横にあるこちらの建物で行います。



申し込み用紙に必要事項を記入して、受付け。



戌の日には本当にたくさんの妊婦さんファミリーが訪れていますので、ある程度待つことになります。そこで、広い待合室2部屋も設けられました!
約100名分の椅子が設置されています。

こちらは1階にある待合室。



3階の待合室はこちら。



1階の待合室からはスロープでも社殿へ移動できます。
こんなゆるやかな長いスロープを歩いたら、神聖な気持ちで社殿に向かうことができそうですね。



ご祈祷を行う拝殿は従来より1.5倍の広さになりました。
待ち時間が短くなるようにとの配慮からだそうです。

トイレやおむつ替えシート、授乳室も完備しています。
ベビーカーや車いすの方は、エレベーターで移動できるバリアフリー設計ですし、1階と地下には駐車場もあるなど利便性もしっかり。





建て替え期間はロイヤルパークホテルにいた子宝いぬも境内に戻ってきました!



妊婦さんや赤ちゃん連れファミリーがより安心して参拝できるように

今までの社殿にあった伝統の趣を残しつつ、安全で新しい建築に生まれ変わった水天宮は、2年後の平成30年には江戸鎮座200年を迎えます。

今回の建て替え(「御造替(ごぞうたい)」と言うそうです)では、妊婦さんや赤ちゃん連れのファミリーのため、境内全体を免振化。広い待合室などを完備し、より安全かつ快適に参拝ができるようになりました。
安全性が高いことから、地震などの際には地域の避難場所としても機能するそうです。

戌の日の帯祝いについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

初めての帯祝いQ&A付き 東京・水天宮の安産祈願情報>>

水天宮公式サイトはこちら>>>

公開日:2016年04月08日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。2児の母。インスタグラムアカウントはhttps://www.instagram.com/roko35/

←special|ニンプス特集 のトップへ

そのほかの記事