今日のおつきさま

女性の身体は、約29.5日で生まれ変わります
TOP > special|ニンプス特集 > ベトナムのママにアラウ.ベビーが大人気なワケ★ロコのベトナムレポートvol.1

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

special|ニンプス特集

ベトナムのママにアラウ.ベビーが大人気なワケ★ロコのベトナムレポートvol.1

編集長ロコが、アラウ.ベビーでおなじみのサラヤ株式会社のみなさんと、ベトナムに行ってきました!
実は今、アラウ.のアイテムがベトナムママにも人気沸騰中なんです!その理由とは…?

まずはベビー用品バイヤーが集まるパーティーへ



到着翌日に訪れたのは、首都ハノイで行われたSnBディストリビューション社のイベントでした。SnBディストリビューション社は、ベトナムでアラウ.シリーズを販売する正規代理店。アラウ.シリーズのほか、メリーズの紙おむつやアイクレオの粉ミルクなど、「高品質で安全」にこだわった日本製品を多数取り扱っています。

たくさんのバイヤーさんたちの前で、日本のママたちが日ごろどんなものを、どんな選択基準で購入しているかや、ベビー用品のトレンドについてお話をさせてもらいました。(緊張しました!)


▲衣装ご協力はVIRINA Maternityさん。

「赤ちゃんのために良いものを」という思いは共通でした



イベント終了後にバイヤーさんにお話を伺ったところ、アラウ.シリーズの売り上げは急上昇中とのこと。

その理由は赤ちゃんのために、安心なものを選びたいと思うママが多くなってきたことがあげられるそう。

経済成長のめざましいベトナムでは、それぞれの家庭に入ってくる収入も右肩上がり。生活に余裕が出るにしたがって、ものを購入する基準が「質のよいもの」や「安心なもの」に変わりつつあります。そんな中でも特に、赤ちゃんや小さな子を育てているご家庭では、「まずは子どもたちにはよいものを」と考えるママやパパが増えています。

また、ベトナムはインターネット環境がかなり整っています。数年前からWEB検索やSNSでの交流も盛ん。日本と同じように良いものはクチコミで広がりやすく、成分が安心で使い心地のよい製品の人気も高まりつつあります。
欧米や、ほかのアジアの国から輸入したものに比べて、日本製品はいいもの、安心なものというイメージが強いことも理由のひとつです。


▲ホさん(写真左)はベトナム国内でトップセールスを誇るバイヤーさん。SnBディストリビューション社に入社した理由はずばり、「取り扱っている製品の90%は日本製品だから」だそう。日本の製品は安心で信頼できるうえ、これからますますベトナムでの人気が高まるに違いないと、そのポテンシャルに惚れ込んでくれていました。

じつは、アラウ.ベビー製品のベトナムでの価格は日本の約3倍。ベトナムの物価は日本の約1/3であることから、日用品としてはかなり高額です。それでも飛ぶように売れているので、その人気の高さがうかがえますね。「子どものためのものにはこだわりたい」という思いは、国境を越えてベトナムのママたちにも共通でした。


▲白いドレスを着た中央の女性が、SnBディストリビューション社の社長さん。
ママ目線で子どもために安心で安全な商品を探した結果、そのほとんどが日本製品だったそうです。
中央の黒いワンピースの女性は、サラヤ・ベトナム支社の社長さん。女性が活躍する国というのもベトナムの印象です。

直営店のSOC&BROTHERSへ!





ハノイの中心地にある、SnB社直営店「SOC&BROTHERS」にも伺いました。
アジアの都市らしく、路面で食べ物を食べている人が多い街並みの中で、ここだけセレブな雰囲気です。


▲ハノイの街の雰囲気はこんな感じ。



店内にならぶ商品を見ると、私たちが日本で見慣れているものばかりで「ここは日本?」と思ってしまうほど。



お買い物をしていた親子にお話を聞くこともできました!



ママは日本の大学に留学経験もある獣医さん。子どもの体に触れる洗剤類を選ぶ基準で最も大切なことは、ずばり「安全性」と即答。だからこそ、アラウ.ベビーを愛用しているそうです。

ベトナム国内で購入できるほかのベビー用品に比べてアラウ.ベビーは高価なため、シェアでこそまだまだこれからというところですが、健康や安全に対する意識の高い人がどんどんアラウ.ベビーを使い始めているのだとか。

お子さんもアラウ.ベビーが大好きと話してくれました。日本に憧れていて、ママが日本語を話せることが自慢なんだそう。かわいいですね♡

そして、トップの写真にも登場してもらった美人さんは、SOC&BROTHERSの販売員さんです。


▲5歳と2歳ののお子さんを持つワーキングマザーだそうです。

SOC&BROTHERSに買い物に来るママたちは高品質なベビー用品を求めているので、アラウ.ベビーシリーズはそんなママたちのニーズにマッチしているとのこと。

どんな製品かを説明すると、みなさん納得してシリーズで購入されていくそうです。品質の良さもさることながら、ポンプを押すと泡で出てくる形状も、気温の低いハノイでは好評なのだとか。歌手など“有名人ママ”もみなさんアラウ.ベビーを愛用していると、こっそり教えてくれました。



繰り返しますが、アラウ.ベビーはベトナムでは高級品。それでもここ最近はセレブママだけでなく、子どもが口にするものや肌に直接触れるものは、高くてもよいものを使いたいと考える中間所得層の、いわゆる一般のママたちも買い始めています。経済成長中のベトナムでは、これからもさらに人気が高まることは間違いなさそうです。


ベトナムレポート第2回では、ベトナムの出産・子育て事情についてもご紹介します。

★おまけ:ベトナムで食べたフォーは絶品でした♪





公開日:2016年11月30日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。2児の母。育児ブログも更新中。

←special|ニンプス特集 のトップへ

そのほかの記事