STOKKE×ニンプス
おなかの赤ちゃんのためにしっかり摂りたい葉酸・鉄・カルシウムはピジョンのサプリメントで!

現役妊婦さんに聞きました!
抱っこひもを選ぶ際にチェックしたいポイントBEST3

産後のマストアイテムである抱っこひもは、どんなものを購入予定でしょうか?種類が豊富なだけに1つを選ぶのはとても大変かもしれませんね。そこで今ちょうど抱っこひもを選び中という妊婦さんにアンケートを行い、抱っこひも選びのチェックポイントを伺いました。BEST3をランキング形式で発表します!

月齢が低いころ~抱っこ卒業まで1つで長く使える

3位は生後間もない時期から抱っこ卒業までのロングユースが可能であること。せっかく購入するなら、できれば1つで済ませたいと思う妊婦さんが多いようです。

「1ヶ月健診に使えるものを購入したい」

「新生児から、できればインサートなしで使えるもの、かつ3wayなどいろいろな抱っこやおんぶができるといいなと思います」

ママの付け心地

2位は、ママやパパがラクに快適に抱っこできること。これからほぼ毎日抱っこをすることを考えると、これも大切なのは納得。ファッションの一部としてデザインにもこだわりたいという意見も多数みられました。

「腰や肩にかかる負担が少ないもの」

「主人(パパ)の体型にもサイズが合うものを探したいです」

赤ちゃんの安全性や体への影響

1位は赤ちゃんを安全に抱っこできること、抱っこされる赤ちゃんの体に負担が少ないことなど。これから生まれてくる大切な赤ちゃんのことをいちばんに考える妊婦さんが大半でした。

「クチコミや試着で安全性を確かめてから購入したい」

「これからの季節は通気性がいい素材であることも考慮したい」

先輩ママ&パパに伺う、抱っこひも選びのポイント

妊婦さんたちの抱っこひも選びのチェックポイントがわかったら、続いてすでに抱っこひもをデイリーに使っているママやパパたちの意見も聞いてみましょう!

ニンプスでは、2月27日に代官山TENOHAにて過去にノルウェーのベビー用品ブランド「ストッケ」のイベントに参加してくださった読者のみなさんの同窓会イベントを開催しました。

当時はプレママ&プレパパだった方々が、1歳~2歳のお子さんのママ&パパになって再集合。みなさん、ストッケのマイキャリアを赤ちゃんが生まれてすぐからモニター使用してくださっています。妊婦さんの気になるポイントについてお答えいただく形で、抱っこひも選びのアドバイスを伺いました。

「月齢が低いころ~抱っこ卒業まで1つで長く使える」へのアドバイス

「いつから使い始めたいのかはその場になってみないとわからないけれど、やはり生後1ヶ月ごろから使える抱っこひもを妊娠中に揃えておくとよいと思います。特に1ヶ月検診のときに抱っこ紐を使えるという選択肢があると気持ちがラクなはず」

「早めに使えるのにこしたことはないけれど、実際に抱っこひもが活躍するのは生後3ヶ月ごろから。生後すぐが寒い時期だったりするとお出かけも控えるので、生まれる季節にもよるかもしれません」

「ママの付け心地」へのアドバイス

「抱っこは毎日のこと。抱っこする側の体の負担が重いと、お出かけそのものが嫌になってしまうかもしれないので付け心地は大切です。リュックを背負うような感覚でいられるフィット感を重視するといいのでは?」

「雨の日など、ベビーカーで出かけられないときはとくに、長時間の抱っこになることも。装着のラクさを重視する人も多いかもしれませんが、時間が経っても体に負担がかからないという観点も大切にしてください」

「赤ちゃんの安全性や体への影響」へのアドバイス

「かがんでも赤ちゃんが落ちたりしない安全性はやはり最重要ポイントですよね」

「新聞で、抱っこの仕方が悪いと股関節脱臼を招くことがあるという記事を読みました。赤ちゃんとの生活では、長時間抱っこひもで抱っこする日もたくさんあるので、そういう観点での選び方も大切だと自分が母親になって強く感じています」

ストッケのマイキャリアは、
プレママたちの「気になる」を全部クリア!

先輩ママやパパがそれまでの経験から考える、抱っこひも選びの際に気にするところをすべて満たすのが、ストッケのマイキャリア。同窓会での先輩ママ&パパの声からも、ユーザー満足度の高さがうかがえました。

マイキャリア最大のおすすめポイントは、赤ちゃんとママ&パパの体のことをいちばんに考えているところなので、妊婦さんたちの気にするチェックポイントの1位と合致!

また、抱っこする側はもちろん、される側双方の体への負担軽減を真剣に考えてつくられています。ママやパパは快適に抱っこできるのも特長です。

3位~1位のポイントについて、ユーザーパパ&ママのマイキャリアの使い心地を聞いてみました。

マイキャリアは
「月齢が低いころ~抱っこ卒業まで1つで長く使える」

  • 1ヶ月検診に使いました
  • 慣れるまでに1ヶ月ぐらいかかったけれど、生後3ヶ月ごろには首も座ってくることもあり、慣れる頃には装着がラクになりました
  • 最初は対面で、外に興味が出てくる頃には前向きで、重くなってきたらおんぶにと、成長ごとに変わるシーンにも対応できました

マイキャリアは「ママの付け心地」も抜群!

  • 抱っこ紐は長時間つけることが多いけれど、マイキャリアは長時間使っても体が比較的ラクです
  • 装着時でもキャリアをつけているという感覚がなかったほど!
  • 装着してもかさばらないので、冬の外出でも上からコートが楽に羽織れます
  • 外出ではベビーカーと抱っこ紐を両方使うことが多いけれど、かさばるので持ち運びに少し不自由しました

マイキャリアは「赤ちゃんの安全性や体への影響」を
いちばん大切に考える抱っこひもです

  • 産後ケアで、抱っこ紐は足がぶらんと下がった状態が良くないと聞きました。お尻の部分が広い方が良いらしいので、そういう抱っこ紐をなるべく使わないようにしています。
  • 対面の時に子供の頭が収まるのが良かったです。寝てしまった時にフードをつける他製品タイプと比べ、風も通るので、子供の快適面でも安心でした

そのマイキャリアがリニューアルしました!

先輩ママパパいちおしの抱っこひもマイキャリアは、この6月にリニューアルして新仕様に!2月のイベントではひと足先にお披露目会も行われました。

仕様変更前のマイキャリアを使っているママやパパに使用感を試してもらった感想は…?

お試ししていただいた感想はなかなかに上々。
リニューアルポイントはこんな感じです。

★付け心地がよりやわらかく

肩や腰にあたる部分がよりやわらかい素材にチェンジ。ソフトな付け心地になりました。

★小さくたためるように!

仕様変更前ではできなかった「折りたたみ」が可能に。気軽に持ち運べます。

★留め具やボタンがつけやすく!

安全性はそのままに、握力がない女性でもつけ外しができる留め具に変更。片手でも装着できるようになりました。硬いパーツは布でカバーし、赤ちゃんの体に直接あたらないよう工夫されています。

★抱っこだけの購入も可能になりました

生後すぐからおんぶのことまで想像するのはむずかしいかもしれません。そんなパパやママのために、対面・前向き抱っこのセットをご用意。おんぶ用のパーツは別売りで購入することも可能になります。(2016年夏発売予定) また、おんぶの高さが2段階に。おんぶをし始めた頃の小さな体も、ベストな位置にホールドします。

「親子のつながり」を大切にするコンセプトは健在

新しいマイキャリアのコンセプトは「Find your Rhythm ‐ともに感じる、親子のリズム‐」。

ストッケの製品全体に通ずる、親子のつながりを大切にするというコンセプトはもちろん健在です。

生まれる前からずっと一緒にいるママや、大きな愛情でやさしく包み込んでくれるパパと抱っこで密着する時間は、赤ちゃんがいちばん安心できる時間。

マイキャリアで愛おしい赤ちゃんとのリズムをゆっくりと刻みながら。幸せいっぱいの抱っこの時間を堪能してください。

新仕様のマイキャリは6月29日発売。

発売に先立って、日本橋髙島屋 ストッケショップでは先行展示もしているそうです!

「赤ちゃんの体へのやさしさは、専門家も認めるほど!

ドイツで権威のある小児科医や小児理学療法士もマイキャリアの赤ちゃんの体への安全性を認めておすすめコメントを寄せています。
詳しくはこちら »

「股関節脱臼」って??

世界中の赤ちゃんの2~3割ほどに先天的に発生するとされる「股関節脱臼」をご存知でしょうか。日本ではまだそれほど知られていませんが、医学の先進国ドイツでは、すべての赤ちゃんの股関節を超音波検査して調べているほど重要なことと認識されています。

赤ちゃんの股関節のために大切なことは、生後半年までの抱っこの仕方。足をぐっと股を開き太ももを持ち上げた状態がベスト。マイキャリアは自然にその姿勢になるようにデザインされています。