今日のおつきさま

明日は新月。お産が近づいているかも
TOP > あのひとの出産物語 > モデル仁香さん“「普通分娩」を選びました”

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

あのひとの出産物語

モデル仁香さん“「普通分娩」を選びました”

ママモデルやビューティスタイリストとして活躍中の仁香さんにインタビュー。初めての出産で体験した「普通分娩」についてお話を伺いました。陣痛のりきりアイテムの紹介も。

【今回お話を伺ったのは…】

仁香

 さん
2008年1月 第一子出産
Profile:
1975年東京生まれ。『CanCam』専属モデルを経て、2005年にゲルマニウム温浴サロン「Yuan」、リラクゼーションスパ「LUXE by Yuan」をオープン。経営者、ビューティスタイリストとして活躍中。2008年には第一子をもうけ、ママモデルとしても人気。 公式ブログ「It’s nica style」


Q:予定していた出産方法は?


A:

普通分娩です。可能であれば1度は出産の痛みを経験してみたいと思ったので。


Q:出産に備えて学んだことは?


A:

産院のマザーズクラスなどには参加しませんでした(笑)。なので、事前準備はあまりせず…。


Q:陣痛から出産までは?


A:

朝から微弱な陣痛がきていました。そのまま夕方には本格的な陣痛に。18時に分娩室に入ったものの、なんと翌朝4時まで子宮口が開きませんでした。分娩室では10時間陣痛に耐えたことになります。

陣痛の痛みや出産を体験して、最初に感じたこととは?さらに、産後も抜群のスタイルを保つ仁香さんから、産後ダイエットのアドバイスも伺いました。




Q:実際の出産は?


A:

予定通り普通分娩。いきんでよくなるまで時間がかかったので、「やっと産める!」と思いました。


Q:出産してみて、普通分娩についてどう感じましたか?


A:

痛いとは聞いていましたが、痛すぎる!!「痛い」という表現では足りないです。違う言葉を作ってもらいたいくらいです(笑)。


Q:出産を経て、最初に思ったことや感じたことは?


A:

産んだ瞬間、ママになったという自覚より、私を産み育ててくれた両親のことを考えて、今まで母に生意気ばかり言っていたことを朦朧とした意識の中で謝りました(笑)。こんなに大変な思いをして生まれるんだと知り、両親を大切に思いました。


Q:次回もし出産するとしたら、また普通分娩で産みたいですか?


A:

嫌です!1度経験できたのでもう満足かな。次は無痛分娩にするつもり。


Q:立会いはされましたか?


A:

夫が立ち会いました。あまりにも衝撃的な光景だったらしく、「立ち会わなきゃよかったかも」と言われてしまいましたが、「子どもを思う気持ちが強くなった」とも言ってくれたので良かったと思っています。


ビューティスタイリストとしてのアドバイス


妊娠で11Kg 体重が増えましたが、妊娠前からきちんと食べて痩せる生活を心がけていたので、産後の体重の減りも順調でした。子育てはそれ自体がいい運動になるので、自然とダイエットになります。ただし、たるみには要注意。時間を見つけて、ストレッチなどでひきしめてくださいね。 (仁香さん)
公開日:2014年03月14日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。2児の母。インスタグラムアカウントはhttps://www.instagram.com/roko35/

←あのひとの出産物語 のトップへ

そのほかの記事