今日のおつきさま

三日月
今日は三日月。新月の影響は一段落
TOP > あのひとの出産物語 > 中濱裕加里さん“出産は予想外の連続、まさに“未知なる世界”です”

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

あのひとの出産物語

中濱裕加里さん“出産は予想外の連続、まさに“未知なる世界”です”

マタニティピラティスや産後ピラティスのインストラクターとして活躍する中濱裕加里さんに出産エピソードを伺いました。

【今回お話を伺ったのは…】

中濱裕加里

 さん
2007年12月 第1子出産
Profile:
津田塾大学国際関係学科卒業後、東証一部上場会社宣伝部で国内企業広告を担当。妊娠を機に退職したのち、趣味のバレエ上達のために始めたピラティスにはまり、ネバダ州立大学公認ピラティスインストラクター、出産を期にBody Control pilates認定マタニティピラティス、産後ピラティスインストラクター資格を取得。現在は子どもが幼稚園に通う間だけピラティスインストラクターとして仕事復帰中。


Q:予定していた出産方法は?


A:

普通分娩です。いわゆる普通の出産を一度は体験したいと思っていたし、助産師さんとの話の中でも、普通分娩ができるならそのほうがいいと勧められ、決断しました。


Q:出産に備えて学んだことは?


A:

2回行われる母親学級に参加しました。いろいろ学んだ中で衝撃的だったのは、出産時にベビーが骨盤内を回旋しながら生まれてくるということ。出産とは、ベビーと母親が一緒に頑張ることなんだなと感じるお話でした。


Q:産院はどんな雰囲気でしたか?


A:

検診時は、私のわからないことを助産師さん任せにせず、先生が親切に説明してくれました。また、出産時は担当ではない助産師さんたちが励ましてくれたり、みなさん優しかったと思います。病院自体はとても忙しいようで、事務的だと感じてしまうこともあるのですが、安全に出産することに向けてみなさん頑張っているという雰囲気でした。

3思いがけず早くきた陣痛。しかし、お産は思うように進まず…。
「出産は予想外の連続」と話す、中濱さんの出産エピソードをご紹介します。




Q:ご出産のエピソードを教えてください


A:

出産の前日から強い痛みがあったのですが、その日は予定日の3週間前。全駆陣痛かもと思い1日耐えました。夜中にはかなりの痛みになっていたものの、間隔が定期的ではなかったため朝になるのを待って産院へ。診察ではすでに子宮口が7cm開いていると言われ、即入院(朝9時でした)。 お産が進むように階段昇降などを行ったのですが、思うように進まず、陣痛促進剤を3本使用しましたが、それでも子宮口は7cmのまま。最終的に筋肉注射で子宮口を開かせ、人工破水を行い、日付が変わったころに出産。「破水と同時に羊水とベビーが出てきた」というイメージでした。


Q:出産を経験して、出産に対して考え方は変わりましたか?


A:

生まれる日も出産時のエピソードも、予想外の連続でした。思い通りにいかないことばかりだなとつくづく感じました。人によって出産は異なるといいますが、本当に未知なる世界だと感じました。


Q:次回も同じ方法(普通分娩)で出産したいですか?


A:

私の場合、人口破水と同時にベビーが出てきたので、助産師さんたちの声は「落ちる落ちる!」だったのです。ドラマや映画で見るような、「赤ちゃんの頭が見えてきましたよ」という言葉をかけられるのを体験したいので、普通分娩か、もしくは無痛分娩もいいかなと思っています。


Q:ちなみに、立ち会い出産でしたか?


A:

はい。朝9時前に入院してから出産を終える夜中までずっと付き添ってくれていたため、とても疲れたと思います。もしかしたら精神的には私よりも疲労していたのでは?また、一番冷静だったのも夫かもしれないと思います。


ピラティスで妊産婦さんの体を整えるお手伝い



出産後、マタニティと産後ピラティスのインストラクター資格を取得し、今は教える立場として仕事をしています。妊娠・出産で大きく変化する時期の女性の体を整えるお手伝いができることに楽しみとやりがいを感じています。
仕事上、多くの妊婦さんやお母さんに会いますが、マタニティの時からピラティスをされていた方はやはり、お産の様子や産後の戻り、姿勢がいいと感じます。私自身も会陰切開をせずに済んだのはピラティスのおかげかなと身をもって感じました。 (中濱裕加里さん)


-----------中濱裕加里さんの出産DATA-----------

産院・・・愛育病院
担当医師・・・安藤先生(検診のみ)
出産費用・・・約100万円

公開日:2014年03月24日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。2児の母。育児ブログも更新中。

←あのひとの出産物語 のトップへ

そのほかの記事