今日のおつきさま

デトックスやリセットするケアがおすすめ
TOP > あのひとの出産物語 > 高田奈付子さん“出産で家族の絆が深まりました ”

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

あのひとの出産物語

高田奈付子さん“出産で家族の絆が深まりました ”

今回はマタニティフォトスタジオ「Studio navel」を主宰する高田奈付子さんに第2子ご出産のエピソードを伺いました。

【今回お話を伺ったのは…】

高田奈付子

 さん
2007年10月 第1子出産
2010年12月 第2子出産
Profile:
1980年神奈川県生まれ。マタニティヌード&ベビーフォトスタジオ「Studio navel」主宰。デザイン企画会社の経営を経て、2007年10月に長男出産。翌年5月、東京都世田谷区の自宅でマタニティフォト専門スタジオ「イクシェル」を始める。その後「navel」に改称し、10年6月にスタジオをオープン。


Q:予定していた出産方法は?


A:

妊娠中からお腹の赤ちゃんと対話してくれていた長男と主人と一緒に立会い出産をしたく、助産院での自然分娩を望んでいました。「陣痛は、この世に産まれてこようとするベビーの命のチカラだから、受け止め歓迎するようなイメージで」というバースコーディネーターの大葉ナナコさんのお話に魅了され、1人目は、痛みに逆らうような感覚があったので、2人目は、このイメージで出産を自然に味わってみたいと思いました。
また、水中出産もしてみたいなとも少し考えていました。より自然で、ベビーへの負担も少なく、ベビーがこの世に出てきて一番最初に母親が触れてあげられるというのも魅力に感じたので。


Q:出産に備えて学んだことは?


A:

アーユルベーダの考えをとりいれている助産院にて、夫婦で参加するペアクラスに参加しました。内容は、パートナー・我が子をより理解するための家族の体質チェックや夫婦で実践できるマッサージセルフケア、仕事習慣などからみた妊娠中のケア、食事のこと、産後のホルモンの変化によるイライラの原因や対策、夫婦仲良くベビーを取り巻く家族を築くには、など盛りだくさん。理論的な内容と感覚的な内容の両方を含んでいて、主人もしっかり納得してくれ、充実した内容でした。


Q:産院はどんな雰囲気でしたか?


A:

助産院は、上記のように妊娠中に知恵を付けることができる環境で、なにより院長の肝っ玉かつユニークなキャラクターが最高でした。
妊娠7ヶ月から切迫早産で2ヶ月半の入院生活となり、出産は医療設備の整った病院で行いましたが、病院退院後にベビーと2人で産褥入院をしたのもその助産院。 全身アーユルベーダマッサージや悪露が出やすくなるよう鍼の施術などを行い、薬草の入ったお風呂で温まった後ベビーと布団で一緒に寝る2日間を過ごしました。 朝は身体の炎症を抑える効果のあるターメリック粥が出て、 昼と夜は根菜や赤米など身体が必要としている栄養を補う。 そんなイメージのとっても美味しい食事でした。
ホルモンの影響か、産後でしか味わえない脱力感と快感があり、まさに極上の2日間でした。身体に直接ふれてもらって心身癒してもらうことで、自分自身が癒し満たされ、そして子どもに対する愛情がふつふつと湧いてくる。贅沢と捉えてもらうのではなく、産後の女性の身体には、必要なことなんだと思いました。

切迫早産による入院から退院後に破水し再び病院へ。出産はたくさんの家族の立ち会いのもとでした。長い入院生活を経ても、「最高の出産物語」と語る理由とは?




Q:ご出産のエピソードを教えてください


A:

妊娠34週になり切迫早産で入院していた病院を退院。自宅で10日程過ごしたころ、ソファで横になっていたら「びしゃっ」っというか「じわぁー」という感覚を覚え、あれ?っと思った瞬間に破水していました。夜9時ごろのことです。
主人が仕事ですぐに来られなかったので、母と実兄カップルが車で迎えに来てくれることになり、彼らが到着するまでの1時間は腰にタオルを巻きながら横になって長男と待っていました。その後主人も合流し車で病院まで連れて行ってもらい、11時頃病院に到着。
陣痛は車の中では話ができる範囲でしたが、徐々に本格化してきて、病院到着後はすぐに分娩台で出産となりました。母子手帳には分娩時間は1時間20分と自分でも驚きの早さでした。ただ早いとはいえ、痛みは結構なものでしたが、「赤ちゃんが頑張ってるんだっ」という歓迎するイメージを持ちつつ、「あーもう無理だけど、生まれてくるのはこのレベルの痛みを乗り越えた後だなぁ」と考えたりして、出産寸前に結構冷静だったと思います。


Q:次回はどのように出産したいですか?


A:

長男次男ともに切迫早産で入院する妊娠生活だったので、次こそは妊娠中に入院せず、今回お世話になった助産院で出産したいです。
ただ、入院により家族と離れて過ごしたからこそ、家族がより愛おしくなり、家族の絆をしっかり深める時間にもなりました。今回の出産は我が家にとって最高の出産物語だと思います。


Q:ちなみに、立ち会い出産でしたか?


A:

早い展開に帰る間もなく、主人と長男、そして母、兄カップル全員に分娩室で見守られながらのとてもあたたかく賑やかな出産でした。偶然というよりは、赤ちゃん自身が選んだ時間とメンバーなんだと思います。


妊娠・出産には思い出深いエピソードがたっぷりです



長男出産後に初めたマタニティフォトスタジオでは、今まで妊婦さんを何千人も撮ってきました。今回の妊娠で念願だった自身のマタニティフォトを退院後から出産までの10日間の間にやっと撮ることができました!2ヶ月半の入院生活を乗り越え、家族で撮れた写真は本当に宝物です。

また、大切な仲間とつくった「きみのいたばしょ」という大人と子どもの絵本は、制作を始めてから次男の妊娠が発覚し、入院中のベッドでも原稿の確認を進めてきたのですが、なんと発売日当日に次男が誕生!発売日を誕生日に選んでくれたことで、直感的にママの仕事を応援してくれていたんだと感じました。今回の出産に強く強く結びついた大切な本です。 (高田奈付子さん)


-----------高田奈付子さんの出産DATA-----------

産院・・・・日本赤十字社医療センター
出産費用・・一時金以外に9万円程

助産院・・・お産の家 Be born
担当医師・・たつのゆりこ院長
出産費用・・約10万円(3日間の産褥入院の金額)

公開日:2014年03月24日

Navigator 小林博子

ニンプス編集長。2児の母。インスタグラムアカウントはhttps://www.instagram.com/roko35/

←あのひとの出産物語 のトップへ

そのほかの記事