今日のおつきさま

満月に向け、むくみやすく、汗をかきづらく
TOP > 産院の選びかた・出産の種類 > 【15】出産施設選びのポイントはここ

  • 妊娠2ヶ月
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4ヶ月
  • 妊娠5ヶ月
  • 妊娠6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月
  • 妊娠8ヶ月
  • 妊娠9ヶ月
  • 妊娠10ヶ月(臨月)
  • ca-sun.net ママはやっぱり太陽!

産院の選びかた・出産の種類

【15】出産施設選びのポイントはここ

自分がどういう場所で、どんなふうに新しい命を迎えたいか、イメージが沸いてきましたか?

これなら絶対に満足できる!という方法はありません。けれど、少しでも不安要素を取り除き、満足感、納得感のある出産に近づけたいと考えたとき、出産する施設を選ぶことはとても重要なこと。

そして、その選び方には、実はいくつか鉄則があります。

まずは自分に必要な「医療行為」を確認



出産の施設にもさまざまな種類があるということは、以前お話しました。
例えば、持病や合併症がある妊婦さんが自宅出産を希望したとしても、必要な医療行為を受けられないなどの理由から難しい場合もあります。自分の妊娠経過、健康状態をきちんと把握し、その上で必要な医療行為を考えて、自分の意向(バースプラン)固めておきましょう。

自宅から近いほうがいい?



医療のバックアップは近い方がありがたいことは確かです。また、近くに病院が少ない…という人もいらっしゃるでしょう。

けれど、正常産の場合は陣痛が始まったらすぐに入院!ということはほとんどありません。移動に少し時間がかけられることを考えたら、選択肢は広がりますね。そのなかで「ここなら!」と思える施設を見つけることができれば、ベストです。

施設の方針をチェック



施設によっては、婦人科がメインで分娩を扱っていない施設もあります。
麻酔分娩が得意である、医療行為をできるだけしない分娩を好む、など施設によって方針もさまざま。これらを事前にリサーチし、また実際に足を運び、施設の雰囲気を感じておくことが大事です。

バースプラン提出の可否



バースプランはコミュニケーションツールと考えましょう。
バースプランを提出できるかどうか、またはバースプランという方法ではなくても、自分の意向を伝えられる雰囲気や、受け入れてくれる柔軟さが施設側にあるかどうかを確認しましょう。「どんなルーティン処置をしますか?」「どんな場合に帝王切開になりますか?」など、質問を用意しておくと、対応もわかりやすいですね。
助産院の場合は、緊急時の医療体制をしっかりチェックしておきましょう。

立会の可否



最近では立会いが可能な施設が多くなってきましたが、たまに立会い禁止の施設もあるようです。
「立会いはOK」という選択肢がある施設は、お産は家族にとって大切なこと、という理解のあると考えられるのではないでしょうか。「立ち会う」・「立ち会わない」は当人同士で決めるべきことです。


さまざまな施設、さまざまな医師や助産師、スタッフがいて、さまざまな思いや悩みを抱える妊婦さんがいます。

どの施設を選ぶにしても、やはり大切なのはお互いの「信頼関係」という下地作り。医師も人間ですから、相性が合う、合わないがあっても当然です。
せっかくの大イベント、心を許せる医師やスタッフと迎えられるにこしたことはありませんね。

人間的なあたたかい出産を実現するために、この下地作りによる不安解消効果はとても大きいもの。そしてこれは、妊婦さん側の歩み寄る姿勢が大事だと考えます。

是非、心をひらいて、お互いに何でも話せるような医師や助産師を見つけてください。
公開日:2014年03月21日

←産院の選びかた・出産の種類 のトップへ

そのほかの記事