妊娠初期症状

【妊娠初期症状】おなかの張り

突っ張り感を、感じたら

軽い生理痛に似た下腹部の痛み、引っ張られる(つっぱる)ような感覚…妊娠初期のこのような違和感や症状を、多くの妊婦さんは「お腹がはる」と表現するようです。

妊娠初期の「お腹がはったような感じ」は、主に妊娠した子宮が大きくなるために起こります。子宮の筋肉が大きくなったり、伸びたり、また子宮への血流が増えることが主な原因です。体の中だけでなく、表面の皮膚も伸ばされていきますので、下腹部あたりがチクチクするような感覚も。他には、ホルモンの変化のため、まだ妊娠初期なのにお腹全体がポーンと出っぱって、まるで幼児体型のようになったりもします。これも「はったような感じ」のひとつ。

こうした症状は、妊娠で体が変化していくサインです。生理現象ですので心配はいりません。

 

010_1.jpg

 

妊娠初期で、気を付けたいお腹のはり

「子宮が大きくなることに伴う、お腹がはったような感じ」ではなく、「子宮の収縮によるはり」の場合は注意が必要です。

 

子宮は筋肉でできた袋です。収縮すれば、二の腕の力こぶのように硬くなります。おなか全体(みぞおちから、おへそ辺り、下腹まで)がなんとなくはっているかも?という感覚ではなく、恥骨のすぐ上方あたり、つまり子宮のある部分だけが、ぎゅっとボールのような硬さに感じられる、これは子宮が収縮している可能性があります。下腹部(おへその下から恥骨の間)を手のひらで触れて、お腹の柔らかさがいつもと違う時は、まず安静に。硬さがなくなって、他の症状がなければ様子を見てもよいでしょう。

 

1時間に何回もはりを感じる場合や、はっている時に痛みも伴う、出血もみられるときは、病院・産院に連絡し指示を受けましょう。

 

夜間や休日など時間外であっても、診察が必要なケースもあります。妊娠初期から、病院の連絡先はすぐわかるところに保存しておきましょう。

010_2.jpg

 

妊娠初期症状に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail