妊娠初期症状

【妊娠初期】初めて産婦人科へ行くとき

妊娠初期の症状や兆候が現れたり、妊娠検査薬(妊娠判定薬)で「陽性」反応がでたら、産婦人科を受診します。受診で赤ちゃんの胎嚢(たいのう)と心拍が確認できたら、そこではじめて「妊娠確定」となります。

役所で「母子手帳」をもらうのは、病院での「妊娠確定」が出た後、病院で書類をもらった後になります。

 

産婦人科や産院の選び方は?

産婦人科の選び方はひとそれぞれですが、まずはママも赤ちゃんも元気に過ごせることがもっとも重要。お産のリスクに合わせた選び方をするとよいでしょう。産院の選び方はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

 【参考】産院選びの基礎知識1 妊娠・出産のリスクにあわせた産院の選び方

 

また、「ニンプスラボ」のアンケート結果によると、妊娠しているかどうかわからない段階でいく病院と、その後、妊婦健診でお世話になる病院で、病院を変えているママも約35%いました。まずは妊娠しているかどうかを、家や職場の近くで診ていただいて、その後、妊婦健診や出産する施設をゆっくり選ぶ、という方も多いのかもしれません。妊娠しているかどうかの判断は、出産施設のないレディースクリニックや婦人科でも診てもらえます。

Q:妊娠判定で初回に訪れた施設と、その後、妊婦健診に通った施設(里帰り出産で施設を変えたケースは除きます)で変更はしましたか?

2-3.jpg

※ただし、地域によっては人気のある施設の「出産」の定員がいっぱいになって受け付けてもらえないこともあります。その場合は、初回から出産したい病院に相談をしたほうが安心です。

 

 【参考】ニンプスラボしらべ:後悔しない「産院選び」のポイント

 

産婦人科に行く時期は?

生理周期が安定している人なら、生理の遅れが1週間を過ぎた頃には妊娠検査薬(妊娠判定薬)に陽性反応が出ます。お腹の痛みや出血がなければ、この時期に産院に電話などで連絡をして病院と相談して予約を取っておくと安心です。

すぐにでも病院で診てもらいたい気持ちになりますが、赤ちゃんの胎嚢(たいのう)や心拍を確認できて、「妊娠確定」となるのは、概ね生理の遅れから2週間頃と言われており、それより前に受診をしても「妊娠確定」に至らないケースもあります。

 

産婦人科は予約が必要?

 

産婦人科は予約制のケースがほとんどです。電話で予約をするとよいでしょう。その際、最終月経日などを聞かれることもあるので、記録アプリやメモの用意があると安心ですが、最終月経日がわからないと受診できないわけではありません。わからないときは「わからない」と答えて大丈夫です。

shutterstock_1142891072.jpg

 

受診の際は、保険証を持参しましょう。また、初診はまだ市区町村の手当てなどがでません。超音波検査などで5,000~15,000円程度かかることが多いようです。心配であれば予約の際に費用も聞いておきましょう。なお、妊娠が確定し、市区町村で母子手帳がもらえると、次回以降の妊婦健診にかかる費用が無料化される「補助券」をもらうことができます。

 

初回、産婦人科に行く際の留意点

 

初診は、尿検査や超音波検査をすることがほとんどですので、

  ・直前にトイレに行くと尿検査に困ることも

  ・脱ぎやすい衣類のほうがスムーズ

です。少しだけ気に留めておいてもよいかもしれません。

 

妊娠初期症状に関する記事

 


妊娠初期の行動

 

Profile 【監修】諸隈誠一先生

日本赤ちゃん学会理事/医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授
1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月、同大学大学院医学研究院保健学部門教授に就任し、現在に至る。

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail