産院の選び方

陣痛はこうやってくる!

陣痛は、いつ・どんなふうにやってくる?

予定通り、マニュアルどおりに、というわけにはいかないのがお産。どこからがお産の始まり、と明確には測れませんが、一般的には「陣痛が10分おき」になったら、お産が始まるサインだといわれています。しかし、実際は「破水」から始まる場合もあり、スタートも人それぞれ。 いざというとき慌てないよう、様々なケースを知っておきましょう。

陣痛とは、子宮がベビーを押し出すために収縮するときに起こる痛みのこと。最初は「お腹をこわしたとき」、「重い生理痛」のような痛みが、さざ波のように押し寄せては引いていきます。

この波は徐々に強く、周期的にやってきますので、その時間をメモしておくとよいでしょう。波(痛み)が引いている間は驚くほど普段通りに動けますので、この間に破水していなければ入浴やシャワーを済ませ、食事を摂るなどして入院に備えましょう。初産の場合、10分間隔になったらかかりつけの施設へ向かいます。

※周期的な陣痛がやってきても、間隔がまた開いてしまったり、遠のいてしまった…というのもよくある話。ここまできたら早く産んでしまいたい!という気持ちもよくわかりますが、焦ることはありません。本格的な陣痛が始まれば「待ったなし!」となるわけですから、それに備えた休息時間と考え、リラックスして過ごしてください。お待ちかねの“ベビー誕生”の瞬間は、必ずやってきます!

  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail