おむつ

新生児用紙おむつ「パンパースのはじめての肌へのいちばん*1」の特徴や使用感は?

【基本情報】

商品サイト:パンパースのはじめての肌へのいちばん*1​ 公式サイト

メーカー:P&G

 

■内容量&価格

ichiban_1.jpg

※参考価格は2018年11月時点で複数のネット通販を参考にしたニンプス編集部調べ

※1枚当たりの単価の順位・★は、〜3000gと〜5kgまでのそれぞれにおいて、安い方の内容量で順位付け。(一番安いものが1位、★5つ)

 

■詳細サイズ

<3000gまで>

pampers_05_1.JPG

横幅:16cm ←大きめ○●○小さめ→

 

pampers_05_2.JPG

縦:16cm ←大きめ●○○小さめ→

 

<〜5kgまで>

pampers_05_3.JPG

横幅:18cm ←大きめ●○○小さめ→

 

pampers_05_4.JPG

縦:18cm ←大きめ●○○小さめ→

 

※2018年11月時点で発売中のものをニンプス編集部が独自に計測。

※大きめor小さめは計測値に基づき、今回ご紹介する商品を相対的に比較した上で、編集部が独自に判断。

 

■厚み&ギャザーの高さ

<3000gまで>

pampers_06_2.JPG

厚み(5枚重ね):5.5cm ←厚い○○●薄い→

 

pampers_06_ a.JPG

ギャザーの高さ:3cm ←高い○●○低い→

 

<〜5kgまで>

pampers_06_1.JPG

厚み(5枚重ね):6.5cm ←厚い○●○薄い→

 

pampers_06_3.JPG

ギャザーの高さ:3cm ←高い●○○低い→

 

※2018年11月時点で発売中のものをニンプス編集部が独自に計測。

※厚さ、高さは計測値に基づき、今回ご紹介する商品を相対的に比較した上で、編集部が独自に判断。

 

■使用時間目安

最長12時間

※赤ちゃんの肌は繊細なので、こまめにおむつ替えをすることをおすすめしています。

 

国内の病産院で選ばれ続けてNo.1*2

赤ちゃんのためにいちばんのことをしてあげたいママに

 

パンパースRの新生児用おむつには「パンパース さらさらケア」と「パンパ―スのはじめての肌へのいちばん」の2シリーズがありますが、「パンパースはじめての肌へのいちばん」はとくに“やわらかさ”にこだわり、最先端のテクノロジーを駆使してつくられたもの。10年以上全国の病産院で選ばれ続けてNo.1のブランドだそうです2。最高*1傑作ともいえる「肌いちシリーズ」の特徴や使い心地についてご紹介します。

 

■特徴1:独自の「3D穴あきメッシュシート」でゆるゆるうんちを吸収

 

おむつの内側のシートはなんと表面に2000個以上の穴が開いているという“3D穴あきメッシュシート”が採用されていて、ふわふわだけどまとわりつく感じが一切なく、快適そう。このメッシュシートが肌への刺激となるゆるゆるうんちも素早く吸収し、肌にくっつきにくい状態にしてくれます。シートの表面に1mm以上の高低差があるので、従来よりも肌への密着度が30%*減少するよう設計されており、かぶれやすい赤ちゃんにもおすすめです。

 

■特徴2:羽毛のようなやわらかさでお肌をやさしく包み込む

 

パンパース史上最高の羽毛のようにやわらかなシートは、内側・外側ともに工夫がいっぱい! 赤ちゃんの肌に直接触れる内側のシートは、従来よりもやわらかな素材を採用。表面に1mm以上の高低差をつくることでクッションのようなふんわり感を実現しています。また、外側のシートはファイバーテクノロジーによって繊維が交差するように編まれているため弾力性が生まれ、空気を含んでよりふわふわに。触れてみるとそのやわらかさが実感できます。

 

■特徴3:360度フレッシュエア通気で通気性アップ!

 

内側の3D穴あきメッシュシートには2000個以上の穴が開いていますが、外側シートにはなんと8000個以上の穴が開いているそう! この二つの相乗効果でおむつの中に入った空気がムレを外に追い出し、通気性がアップ。デリケートな赤ちゃんの肌を心地よい状態に保ってくれます。

 

※1:P&G製品内比較

※2:P&G調査(パンパースシリーズの新生児使用率データ)

 

編集部が肌触りや吸水性、使い心地をチェック!

 

■肌触り

【外側】

 pampers_01.JPG

ほかと比べるとやわらかですべすべした感触。ふんわり系というよりさらさら系に感じた。ポツポツと蛇行するように空気穴があり通気性がよさそう。

 

【内側】

pampers_02.JPG

やわらかなメッシュで快適そうな感触! ポツポツとしたメッシュ加工がふんわりした素材のもたつき感をなくしていて気持ちいい。

 

■吸水性

(100mlの青色に着色した水をまんべんなくかけ、10秒後にティッシュを乗せて手で押さえて戻り具合等をチェック)

pampers_03.JPG

瞬時に水を吸収し、ティッシュにはほとんど水がうつらなかった。触ってみるとしっとり感があるが、水分というより通気性による湿った空気という感じ。ほかと比べると薄い分、吸収ポリマーがぷくっとふくらんだのがわかって多少重たさを感じた。

 

■テープの伸び

 

テープ部分はやわらかいが脇腹のつっぱり感を多少感じた。

 

■おしっこライン

pampers_04.JPG

太い1本線で絵柄に隠れることもなく、一番わかりやすい!

 

新生児おむつ7種類 徹底比較

※この記事の情報は、2018年11月時点でニンプス編集部調べによるものです。

 

 

 

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail