ホーム > 妊娠・出産の基礎知識 > 赤ちゃんのお世話・寝かしつけ > 【助産師さんが教える育児の基本】哺乳瓶の消毒

赤ちゃんのお世話・寝かしつけ

【助産師さんが教える育児の基本】哺乳瓶の消毒

この記事を監修したのは

浅井貴子先生

助産師/マタニティアロマセラピスト

大学病院、未熟児センター勤務を経て、現在は母親学級、育児相談、新生児訪問などを行う。妊婦さん向けのプレママ★アロマ教室を長年開講し産前、産後のアロマケアに定評。助産師のメディカル知識を活かした妊婦水泳&マタニティアクアビクスの専門家でもある。

 

哺乳びんの消毒はなぜ必要?

栄養たっぷりのミルクは雑菌が繁殖しやすいので、抵抗力の弱い赤ちゃんを守るために使ったあとの哺乳びんはしっかり洗って消毒することが大切です。

 

いつまで消毒するかのはっきりとした決まりはありませんが、ひとつの目安として赤ちゃんの首がすわる生後3~4か月頃までは、続けましょう。それ以降も洗剤とお湯でよく洗って乾かし、衛生的に取り扱うようにしてください。

 

5_2.jpg

 

哺乳びんを消毒する方法

哺乳びんを消毒する方法は主に3つあります。いずれの場合も、まず哺乳びんを洗剤でよく洗ってから消毒します。

 

【煮沸消毒】

大きめの鍋にお湯を沸かし、哺乳びん・乳首・フードを入れて3~5分ほどぐらぐらと火にかけて消毒します。家にあるもので手軽に消毒できるのがメリットです。熱湯を使うので、ヤケドには気をつけて。

5_3.jpg

 

【薬液消毒】

洗った哺乳びんを塩素系の消毒液につけおき消毒する方法です。消毒液は一度用意したら24時間使えるので、哺乳びんを洗ってつけておくだけで次の授乳までに消毒が完了します。
手軽ですが、薬のにおいが少し気になるママも。

5_4.png

 

【電子レンジ消毒】

専用の容器に水を入れて電子レンジにかけ、スチームで哺乳びんを消毒する方法。電子レンジのボタンを押すだけで、短時間で消毒ができます。破裂などの事故を予防するために、必ず専用の容器を使用してください。

5_5.jpg

 

持っている哺乳びんの数や使用する頻度なども考慮して、ママやパパがやりやすい方法を選びましょう。ミルクをあげる回数が多い場合には、毎回の消毒が負担にならないよう、何本か哺乳びんを用意しておくと安心です。

 

【育児の基本】記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail