赤ちゃんのお世話・寝かしつけ

【育児の基本】ミルクの調乳方法

 

基本のつくりかた

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんのために、ミルクは衛生面に心がけて調乳することが大切です。粉ミルクの基本的な調乳方法をマスターしておきましょう。

 

1.洗って消毒した清潔な哺乳びんに粉ミルクを量って入れます。分量はミルクのパッケージで確認を。

 

4_2.jpg

 

【ポイント】
計量スプーンを使って“すりきり”で量ります。計量のいらない使い切りタイプもあります。

 

2.一度沸騰させた70度以上のお湯を、できあがり量の2/3程度まで入れます。

 

4_3.png

 

【ポイント】
衛生的に調乳するために、必ず一度沸騰させた70度以上のお湯を使います。

 

3.哺乳びんにキャップとフードをつけて、軽くゆすってミルクを溶かします。

 

4_4.png

【ポイント】
フードをしないと熱いミルクが飛び出すおそれがあるので注意。哺乳びんを回すようにゆすると泡が立ちにくいです。

 

4.できあがり量までお湯を足してできあがり。衛生的な湯冷ましや赤ちゃんのための純水を使えば冷ます必要はありません。流水や氷水などにさらして、人肌くらいに冷ましてから飲ませます。(腕の内側に数滴たらしてみて熱くないくらいが目安)

 

4_5.png

【ポイント】
お湯の量はミルクの泡の下で合わせます。湯冷ましを使うと、ミルクを冷ます時間を短縮できます。

 

4_6.jpg

 

ミルク作りのQ&A

 

Q. ペットボトルの水は使えますか?

ミネラルウォーターの成分によっては、赤ちゃんの胃腸には負担になることが。特にミネラル成分の多い硬水はミルクには適していません。できるだけ硬度の低い軟水を選ぶようにしてください。ミルクには赤ちゃんに必要なミネラル成分が予め含まれているので、理想的なのは純水。赤ちゃん用のペットボトルも市販されています。

 

Q. ウォーターサーバーの水は使えますか?

ウォーターサーバーによって水の成分も装置もいろいろですが、中には赤ちゃんのミルクに使えるものもあります。


・できるだけミネラル分の低い水が使われている
・サーバーの衛生管理がしっかりしている
・一度沸騰した70度以上のお湯がでる

などを確認して選ぶとよいでしょう。

 

shutterstock_149753696.jpg
 

Q. ミルクのつくり置きはできますか?

栄養たっぷりのミルクは雑菌が繁殖しやすいため、基本的にはつくり置きはできません。病院などではつくり置きをする場合は、必ず冷蔵庫に保管してあります。家庭の冷蔵庫では色々な食品があるので、おすすめしません。お出かけ先にもミルクとお湯を別々に持って行って赤ちゃんが飲むときに調乳します。飲み残しは捨てましょう。

 

【育児の基本】記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile 【監修者】助産師 浅井貴子先生

takako_asai.jpg

「赤ちゃん訪問」歴25年以上のキャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3ヶ月児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。世田谷区立産後ケアセンターでボディーケア責任者を務めるほか、またベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師も多数。また、助産師の知識を活かした、妊婦水泳やマタニティーアクアビクスの専門家でもある。 

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail