ホーム > 妊娠・出産の基礎知識 > 赤ちゃんのお世話・寝かしつけ > 【助産師さんが教える育児の基本】ミルクの調乳方法

赤ちゃんのお世話・寝かしつけ

【助産師さんが教える育児の基本】ミルクの調乳方法

この記事を監修したのは

浅井貴子先生

助産師/マタニティアロマセラピスト

大学病院、未熟児センター勤務を経て、現在は母親学級、育児相談、新生児訪問などを行う。妊婦さん向けのプレママ★アロマ教室を長年開講し産前、産後のアロマケアに定評。助産師のメディカル知識を活かした妊婦水泳&マタニティアクアビクスの専門家でもある。

banner_baby_bottle.jpg

 

基本のつくりかた

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんのために、ミルクは衛生面に注意して調乳することが大切です。粉ミルクの基本的な調乳方法をマスターしておきましょう。

 

1.洗って消毒した清潔なほ乳びんに粉ミルクを量って入れます。分量はミルクのパッケージで確認を。

 

4_2.jpg

 

【ポイント】
計量スプーンを使って“すりきり”で量ります。計量のいらない使い切りタイプもあります。

 

2.一度沸騰させた70度以上のお湯を、できあがり量の2/3程度まで入れます。

 

4_3.png

 

【ポイント】
衛生的に調乳するために、必ず一度沸騰させた70度以上のお湯を使います。

 

3.ほ乳びんにキャップとフードをつけて、軽くゆすってミルクを溶かします。

 

4_4.png

【ポイント】
フードをしないと熱いミルクが飛び出すおそれがあるので注意。ほ乳びんを回すようにゆすると泡が立ちにくいです。

 

4.できあがり量までお湯を足してできあがり。衛生的な湯冷ましや赤ちゃんのための純水を使えば冷ます必要はありません。流水や氷水などにさらして、人肌くらいに冷ましてから飲ませます。(腕の内側に数滴たらしてみて熱くないくらいが目安)

 

4_5.png

【ポイント】
お湯の量はミルクの泡の下で合わせます。湯冷ましを使うと、ミルクを冷ます時間を短縮できます。

使用後のほ乳びんは、しっかりと洗って清潔にしておきましょう。(ほ乳びんの洗い方はこちら→

 

banner_arau_baby3.jpg

 

ミルク作りのQ&A

 

Q. ペットボトルの水は使えますか?

ミネラルウォーターの成分によっては、赤ちゃんの胃腸には負担になることが。特にミネラル成分の多い硬水はミルクには適していません。できるだけ硬度の低い軟水を選ぶようにしてください。ミルクには赤ちゃんに必要なミネラル成分が予め含まれているので、理想的なのは純水。赤ちゃん用のペットボトルも市販されています。

 

Q. ウォーターサーバーの水は使えますか?

ウォーターサーバーによって水の成分も装置もいろいろですが、中には赤ちゃんのミルクに使えるものもあります。

 

  • できるだけミネラル分の低い水が使われている
  • サーバーの衛生管理がしっかりしている
  • 一度沸騰した70度以上のお湯がでる

などを確認して選ぶとよいでしょう。

 

shutterstock_149753696.jpg
 

Q. ミルクのつくり置きはできますか?

栄養たっぷりのミルクは雑菌が繁殖しやすいため、基本的にはつくり置きはできません。病院などではつくり置きをする場合は、必ず冷蔵庫に保管してあります。家庭の冷蔵庫では色々な食品があるので、おすすめしません。お出かけ先にもミルクとお湯を別々に持って行って赤ちゃんが飲むときに調乳します。飲み残しは捨てましょう。

 

洗浄力に優れた無添加せっけん すすぎも早いアラウ.ベビー「泡ほ乳びん食器洗い」→

 

title.jpg

 

Q:夜の授乳間隔があいてしまいます(生後3か月のママ)

 

生後1ヶ月から夜は7時間、2ヶ月で8~9時間、3ヶ月にはいってからは起こさないと朝まで寝てしまいます。
泣かないので私も寝過ごしてしまうのですが、脱水、おっぱいが出にくくならないかなど不安です。何時間までなら起こさなくても心配なく寝せてて大丈夫なのでしょうか。


日中の授乳回数は7~10回ほどです。2914グラムで産まれて現在3ヶ月半で6400グラムほどです。

 

A:生活リズムが上手に作れてきています!

 

prof_asai.png

 

助産師・浅井貴子先生のお答え

 

 

赤ちゃんの月齢と体重から見ると順調に成長をしているので、おっぱいが足りないということはなさそうです。日中の授乳回数もとても良いと思います。良いリズムでがんばっていらっしゃいますね。

 


夜の間、赤ちゃんがぐっすり眠っているとのことですが、生活リズムが上手に作れてきているのだと思います。無理に起こさなくてもよいですが、あまり授乳間隔があくとママのおっぱいが張り過ぎたり、乳腺炎になることも考えられます。


ママも無理をして起きなくてもよいですが、おっぱいが張り過ぎたり、腫れやしこりが気になるときは、赤ちゃんを起こして吸ってもらったほうがママは楽になりますね。

それほど気にならなければ圧抜きと言って軽めの搾乳をして様子を見ても大丈夫!

 

prof_ninps.png

 

ニンプス編集部より

 

 

赤ちゃんの連続睡眠時間については、こちらの記事もぜひご覧ください。だんだんお昼寝が減って夜間の連続睡眠ができてくるのは、赤ちゃんのリズムができている証拠です!

 

*「ニンプスラボ」の調査では約47%のママが、「腫れ・しこり・乳腺炎」などを経験しています

 

Q:母乳が足りているか不安です(0ヶ月のママ)

 

生後3週間です。母乳のみ与えていますが、飲めているのかわかりません。母乳とミルクと併用した方が良いのかと、母乳前と後で何グラムほど増えていたらよいか目安が知りたいです。

 

A:1日30gの体重増加が目安です

 

prof_asai.png

 

助産師・浅井貴子先生のお答え

 

 

母乳育児の場合、赤ちゃんがしっかり飲めているかとても不安ですね。一般的に1ヶ月で700g~1kg増えていれば、母乳育児をそのまま続けて大丈夫です。一日の体重増加量は30g/日になります。赤ちゃんのデジタル体重計をお持ちでしたら、生後半月までは授乳後の体重が1回で40~80g、生後1~2ヶ月は80~120g増えていれば問題ありません。

とはいえ、毎回測定したり気にしているとママが疲れてしまうかもしれません。無理のない範囲で行ってくださいね。

 

下記のようなことがあれば、母乳不足も考えられます。1ヶ月健診で相談してみましょう。

 

【母乳不足のサイン】

  • 赤ちゃんの機嫌が悪い
  • おしっこの数が1日5回より少ない
  • うんちの数が1日2~3回以下(便秘のお子さんはその限りではありません)
  • おっぱいに長く吸い付いていて、外すと泣いてしまう

 

 

back_to_top.jpg

 

saraya_special_banner.jpg

 

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail