赤ちゃんのお世話・寝かしつけ

【助産師さんが教える育児の基本】沐浴後のケア

この記事を監修したのは

浅井貴子先生

助産師/マタニティアロマセラピスト

大学病院、未熟児センター勤務を経て、現在は母親学級、育児相談、新生児訪問などを行う。妊婦さん向けのプレママ★アロマ教室を長年開講し産前、産後のアロマケアに定評。助産師のメディカル知識を活かした妊婦水泳&マタニティアクアビクスの専門家でもある。

 

赤ちゃんのスキンケア

 

お風呂上りの赤ちゃんのお世話は、楽しいスキンシップのひととき。保湿ローションなどを全身に塗ってあげながら、赤ちゃんのお肌の状態や、成長を確認しましょう。皮膚の乾燥が気になる場合はベビークリームやベビーオイルなどもあります。
ローション < クリーム < オイル 

の順番で保湿力は高くなります。

 

【ポイント】
スキンケアのポイントは、保湿剤の量。ママの両手のひらくらいの面積に対し、保湿ローション1円玉大をとってたっぷり塗るのがコツです。

 

耳と鼻のおそうじ

耳のおそうじは奥までする必要はありません。片手で頭を押さえて耳のまわり、後ろ側の水分をタオルで拭いたら、穴の入り口あたりを綿棒でくるっとすればOK。鼻が汚れているときは、お風呂上りで柔らかくなっているときに綿棒でそっとおそうじしてみましょう。

 

7_3.jpeg

 

【ポイント】
赤ちゃん用綿棒は細くて固く傷をつけやすいので、大人用の綿棒の方がおすすめ。汚れがたくさん取れます。

 

おへその消毒はいつまで?

 

おへその消毒は、綿棒で根元の水分をとってからアルコールをふりかけ、綿棒で拭きとります。へその緒は生後10日~3週間くらいでとれます。へその緒がとれたあとも、おへそが完全に乾くまで消毒を続けましょう。

 

7_2.jpg

 

【ポイント】
おへその湿潤や出血がある場合は出産した産院や小児科を受診してください。

 

【育児の基本】記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム > 妊娠・出産の基礎知識 > 赤ちゃんのお世話・寝かしつけ > 【助産師さんが教える育児の基本】沐浴後のケア

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail