赤ちゃんのお世話・寝かしつけ

【育児の基本】アウトバス沐浴の手順

 

アウトバス沐浴って?

 

赤ちゃんはとてもあせっかきで、新陳代謝も活発。毎日沐浴をさせてさっぱり&清潔にしてあげましょう。沐浴に慣れないパパやママにおすすめなのが、赤ちゃんをベビーバスの外で洗っていくドライ沐浴という方法。詳しい手順を紹介します。

 

【用意するもの】

・ベビーバス
・ベビーソープまたは石鹸
・手桶または洗面器など
・バスタオル×2
・ハンドタオル
・沐浴布
・着替えとオムツ

 

6_2.png

 

【準備】

ベビーバスのそばに赤ちゃんを寝かせられる場所で沐浴の準備をします。下が硬い場合には座布団やバスタオルなどを敷いておきましょう。

 

・赤ちゃんの着替えとおむつを広げてセット。バスタオルを2枚重ねて広げておきます。
・ベビーバスと手桶には38~40度のお湯を用意しておきます。

 

準備ができたら、いよいよ沐浴スタートです。

 

アウトバス沐浴の手順

 

1. 赤ちゃんをおむつ1枚もしくは裸にしてバスタオルの上に寝かせ、お顔、頭をよく泡立てた石鹸で洗います。

6_3.png
 

赤ちゃんを洗うのはよく泡立てた石鹸で!泡で出てくるベビーソープが便利です。赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、手のひらでやさしく洗います。

 

6_4.png

 

頭や体だけでなく、お顔もせっけんを使って洗うのが基本です。目は上から下へまぶたを閉じさせるように洗いすぐに濡らしたタオルでぬぐいます。(ガーゼは赤ちゃんの肌には刺激になることがあるので、タオルがおすすめ)

 

2.おむつをはずして、身体全体を洗います。

 

6_5.png
汚れが溜まりやすい首の周り

 

6_6.png
わきの下や腕のくびれ

 

6_7.png
おしり、ひざの裏側などは特に丁寧に。

 

6_8.png
洗い終わったら、石鹸分をバスタオルでざっと取ります。(ベビーバスに入れるとき赤ちゃんがすべりにくいように)

 

3.お湯が入っているベビーバスに赤ちゃんを入れて、石鹸分を洗い流します。

最後にかけ湯をしてもよいでしょう。

 

6_9.png

 

赤ちゃんを洗うときに敷いていたバスタオルを1枚めくって、きれいなバスタオルの上に寝かせ、タオルで押さえるように水分をふきとりおむつをつけます。

 

6_10.png

 

汗や汚れを落とす洗浄は、赤ちゃんのスキンケアの基本。ベビーバスの外で洗うアウトバス沐浴なら、新米パパ&ママでもしっかり洗ってあげることができます。

 

【育児の基本】記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile 【監修者】助産師 浅井貴子先生

takako_asai.jpg

「赤ちゃん訪問」歴25年以上のキャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3ヶ月児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。世田谷区立産後ケアセンターでボディーケア責任者を務めるほか、またベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師も多数。また、助産師の知識を活かした、妊婦水泳やマタニティーアクアビクスの専門家でもある。 

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail