妊娠初期症状

【妊娠初期症状】つわり

つわりはホルモンとストレスのせい?

生理予定日を過ぎて、1~2週間後(※)くらいから“吐き気”、“食欲低下”、“胸やけ”などの消化器の不調を感じたら、それは妊娠初期の症状・兆候としてTVドラマなどでもおなじみの妊娠初期症状「つわり」かもしれません。

妊娠初期の吐き気の原因は、まだはっきりとわかってはいません。理由の一つとしては、妊娠を継続させるためのホルモン分泌の変化が考えられます。受精後は、卵巣からの「黄体ホルモン」が高い状態が続いたり、胎盤となる組織からは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というホルモンが分泌されます。妊娠は女性にとって喜ばしいことですが、その反面、大きな変化にストレスを感じることも多いもの。そのため自律神経のバランスが乱れて起きるとも言われています。

「つわり」は個人差が大きく、症状の始まる時期や期間は人によって異なります。同じ人でも妊娠ごとに違ったりします。例えば、第一子は辛くて第二子ではほとんど無い、あるいはその反対という例もあります。

また、「つわり」の有無だけで妊娠の経過が順調かを判断することはできません。「つわり」だと思いこんでいたら他の病気だった、という場合もあります。必ず産婦人科の診察を受け、正常な妊娠かどうかを確認してもらいましょう。吐き気や食欲低下などのほかに気になる症状がある場合も、主治医に相談してください。

 

 

つわりの乗り切り方

「つわり」は妊娠3~4ヶ月くらいが一番大変な時期ですが、必ずおさまるものです。辛いとは思いますが、自分が楽になることを第一に、なるべくリラックスして過ごしましょう。ゆっくりとお風呂に入る、好きな音楽を聴く、妊娠中にも安全なアロマを焚く、食べられるものを少しずつ食べるなど、自分に合った方法を見つけることで緩和することができます。

 

(関連記事)
骨盤のゆがみで「つわり」が起こることも。
・骨盤の歪みから来るつわりの改善法

 

【監修】村上麻里先生


新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。
  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail