妊娠初期症状

【妊娠初期症状】頻尿(ひん尿)

トイレが近くなることもあります

30分おきにトイレに行きたくなる、夜中に何度もトイレに起きる…。個人差はありますが、排尿回数が増えることは、妊娠初期に起こりがちな症状のひとつです。

これは、妊娠した子宮が少しずつ大きくなるために、子宮のすぐ前方向にある膀胱を圧迫することが原因です。トイレに行っても少ししか出ない、それでも何回も行きたくなっても、体の変化に伴う生理現象ですので、心配はいりません。

子宮がもっと大きくなり、お腹のほうに上がってくる 妊娠中期には、頻尿は治まることがほとんどです。ただし、妊娠後期に入り出産が近づくと、今度は下がってきたベビーの頭に膀胱を圧迫されるようになるため、また、排尿回数が多くなってきます。 夜中に何度も目が覚めるのはつらく感じることでしょうが、妊娠中期から後期にかけては、産後の授乳タイムに合わせて短時間で目が覚めたりと、睡眠のリズムも変わってきます。夜中に何回か睡眠を中断されても、短い時間で深く眠れるように睡眠の質も変わってきますので、寝不足は心配しないで大丈夫。

 

妊娠初期の頻尿、会社ではどうする?

働く妊婦さんにとっては、頻尿は切実な問題ですね。まずは上司に妊娠を報告し、体調が安定していないことを理解していただきましょう。仕事中に頻繁に席を立つことを気まずく感じるかもしれませんが、我慢は禁物です。我慢すると膀胱炎にもなりやすいのです。

また、水分摂取も控えるのではなく、こまめに少量を口に含むようにしましょう。

 

【監修】村上麻里先生


新潟大学卒業。新潟大学医学部付属病院、市立甲府病院、刈羽郡総合病院、県立がんセンター新潟病院など関連病院勤務を経て、結婚後は東京都内の産婦人科病院で勤務。妊婦が主体となるお産と、お母さんが楽になれる母乳育児を支援。
産婦人科専門医。母乳110番顧問。三姉妹の母。
  ninps

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail