妊娠・出産基礎知識

妊娠後期(28週)からの 会陰マッサージ

出産が近づくにつれ、その痛みを少しこわいと感じるのも自然なこと。赤ちゃんがスムーズに出てこられるよう、出産のときに伸びる会陰(膣と肛門の間の薄い皮膚)をやわらかくするマッサージをはじめませんか。

助産師の浅井貴子先生に、膣に指を入れずにできるオイルマッサージ&パックを教えていただきました。

 

会陰をしなやかにする

オイルマッサージ&パック

 

用意するもの:

・カレンデュラオイル
・コットン(スキンケア用)
・おりものシート

02_01.jpg

カレンデュラオイルって?

カレンデュラ(マリーゴールド)はヨーロッパでは古くから皮膚のケアに良いとされてきた植物。その成分を抽出したカレンデュラオイルが会陰マッサージにおすすめです。

02_02.jpg

浅井先生が監修したカレンデュラオイル>>
産後の会陰やバストのケア、赤ちゃんのスキンケアにも使えます。

 

用意をしましょう:

あらかじめふたつきの容器にコットンを入れ、たっぷりのカレンデュラオイルに浸しておくと便利です。

 

マッサージの手順:

カレンデュラオイルを浸したコットンで会陰をマッサージします。
おふろ上がりに、洋式トイレの便座に腰かけておこなうのがおすすめ。

03_03.png

*こちらのマッサージは、妊娠後期(28週)になってからおこなってください。
2~3日に1回からスタート、臨月になったら毎日おこなうのがおすすめです。

 

1.Uの字を描くように

肛門と膣の間にUの字を描くようなイメージで会陰をマッサージ。

03_04.png

 

2.くるくると円を描くように

続けて、くるくると円を描くようにしてマッサージ。

03_05.png

*時間は1~2分ずつでOK。オイルを塗るだけでも続けるうちに会陰の皮膚がふんわりとやわらかくなります。

 

3.会陰パックで効果アップ

マッサージのあとは使ったコットンを会陰にあててそのまま就寝。朝までカレンデュラオイルでパックをするのもおすすめです。

03_06.png

*下着が汚れないよう、おりものシートなどをあてておきましょう。

 

03_07.jpg

 

会陰マッサージ&パックのメリットは?

会陰(肛門と膣の間)の薄い皮膚は、出産のときに裂傷ができたり、赤ちゃんが出てくるのを助けるために切開をすることもある部分です。

カレンデュラオイルでマッサージ&パックをして、あらかじめ会陰の皮膚の伸びをよくしておけるといいですね。

 

自分自身の体をいたわるような気持ちで、出産へ向けて準備をすることで、きっと心の準備にもつながっていきます。

 

Profile 【監修者】助産師 浅井貴子先生

takako_asai.jpg

「赤ちゃん訪問」歴25年以上のキャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3ヶ月児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。世田谷区立産後ケアセンターでボディーケア責任者を務めるほか、またベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師も多数。また、助産師の知識を活かした、妊婦水泳やマタニティーアクアビクスの専門家でもある。 

  yamami

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail