妊娠・出産基礎知識

助産師が教える、パパができる 陣痛乗り切りマッサージ

この記事を監修したのは

浅井貴子先生

助産師/マタニティアロマセラピスト

大学病院、未熟児センター勤務を経て、現在は母親学級、育児相談、新生児訪問などを行う。妊婦さん向けのプレママ★アロマ教室を長年開講し産前、産後のアロマケアに定評。助産師のメディカル知識を活かした妊婦水泳&マタニティアクアビクスの専門家でもある。

いざ出産のときは、もうすぐパパになるパートナーにそばにいてほしいもの。つらい陣痛のさなかに腰をマッサージしてくれたら、一緒に出産を乗り切れる気がしますよね。

助産師の浅井貴子先生に、出産のときにパパにしてもらいたいマッサージを教わりました。

 

3STEPで!

陣痛がラクになるマッサージ


陣痛の進み具合に合わせた、3STEPのマッサージです。

 

マッサージの手順:

ママはイスの背にもたれるように、足を広げて後ろ向きに座ります。パパはママの背中側に立ちましょう。

マッサージする場所は腰の下のほう、赤ちゃんが通ってくる骨盤のあたりです。

04_01.jpg

1.腰を上から下へさする

最初は背骨のつけ根あたりに手のひらをあてて、上から下へさすります。

04_02.png

 

2.こぶしを回すようにして

陣痛が強くなってきたら、こぶしを回すようにぐーっとマッサージ。

04_03.png

 

3.お尻をこぶしで押す

最後はお尻を下から突き上げるようにして押します。テニスボールなどを使ってもOK。

04_04.png

パパといっしょに出産の流れを予習しながら、マッサージのイメージトレーニングをしてもらいましょう。

 

アロマをプラスして
出産を強力サポート

陣痛を乗り切るときに、役立つアイテムがアロマ。出産をサポートしてくれるアロマをハンカチに垂らして深呼吸したり、キャリアオイルに混ぜてマッサージに使ったり。植物の力がぎゅっと詰まった精油100%の香りで陣痛を乗り切って。

04_05.png

浅井先生おすすめ!安産アロマ>>
臨月になってから使える出産のためのアロマです。

 

 

ホーム > 妊娠・出産の基礎知識 > 妊娠・出産基礎知識 > 助産師が教える、パパができる 陣痛乗り切りマッサージ

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail