ホーム > 妊娠・出産の基礎知識 > 妊娠・出産基礎知識 > 妊婦さんのための「新型コロナウイルス」予防法

妊娠・出産基礎知識

妊婦さんのための「新型コロナウイルス」予防法

この記事を監修したのは

諸隈誠一先生

医師、医学博士/九州大学大学院医学研究院 保健学部門 教授/日本赤ちゃん学会理事

1996年九州大学医学部医学科卒業。2006年4月より九州大学病院助教、2010年6月より同大学病院産科婦人科特任准教授、2011年1月より同大学環境発達医学研究センター特任准教授、2018年4月同大学大学院医学研究院保健学部門教授。

妊娠中のかたは特に気になる「新型コロナウイルス」ですが、ニュースなどではなかなか妊産婦向けの情報が出てきません。

そこで、産科医の諸隈誠一先生と、手指のアルコール消毒のプロフェッショナル企業、サラヤ株式会社さんに、妊婦さんがいまできる予防について伺いました。

(※4/1 日本産婦人科感染症学会のリンク先を更新しました)

 

基本は、手洗い・アルコール消毒・うがい・マスク

「新型コロナウイルス」について、残念ながら詳細はまだわかっていません。妊婦さんが罹った場合についても同様で、まだよくわかっておらず、ワクチンや治療薬がないというのが現状です。

 

つまり、いま妊産婦さんができることは「予防」となります。

 

予防に有効なのは、

  • 手を洗う
  • 手をアルコールで消毒する
  • うがいをする
  • マスクをつける

ことです。

マスクは効果の賛否もありますが、まったく意味がないわけではありません。また、可能であれば妊産婦さんはこの時期、人混みをなるべく避けたほうが無難です。

 

「新型コロナウイルス」に限らず、インフルエンザなども妊産婦さんにとってリスクのひとつ。手洗い・アルコール消毒・うがい・マスク・そして人混みをできれば避けることは、インフルエンザの予防にも有効です。

 

 

cycle.jpg

なお、妊娠中の方に向けた詳しい情報は、「⽇本産婦⼈科感染症学会」のサイトに“新型コロナウイルス感染症について 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ 第8版(3月31日)"というお知らせ記事があります。こちらも併せてご覧ください。

 

手洗いのプロ!サラヤさんによる「正しい手洗い」

ここからは、手洗い・衛生商品のプロフェッショナル サラヤ株式会社さんに、正しい手洗いの方法と手指のアルコール消毒について教えていただきます。

 

正しい手洗い

正しい手の洗い方は下記のイラストをご覧ください。

 

サラヤ株式会社さんのサイトでは、動画もご覧いただけます。

tejun.png

 

手指のアルコール消毒、意味はあるの?

新型コロナウイルスは、アルコール消毒がエンベロープ(脂質性の膜)のあるウイルスの一種です。新型コロナウイルスのほか、インフルエンザウイルスもエンベロープウイルスです。エンベロープウイルスはアルコール消毒剤によりダメージを受けやすいため、手指のアルコール消毒が有効です。

 

正しいマスクのつけ方もおさらい!

マスクはつけ方がとても大切。おさらいしておきましょう。

 

  • マスクのプリーツが下向きになるほうが「表(顔につかないほう)」です
  • 装着したら、プリーツを開いて顎までしっかりガードしましょう
  • 一度使ったマスクの「表」側にはウイルスがたくさんついています。表側を触った手は、しっかり洗うことが大切です

 

mask_illust.png

イラスト提供:サラヤ株式会社「新型コロナウイルス感染症とは?」より

 

なお、サラヤ株式会社にて新型コロナウイルスの最新情報や、関連情報(厚生労働省・内閣官房などからの提供情報)を掲載しています。随時更新されますので、こちらもチェックしてみてください。

 

title.jpg

 

handlabo_2__small.jpg

  ninps

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail