妊娠中の不調改善のツボ

【ツボ押し】妊娠初期の腰痛を緩和:承筋

この記事を監修したのは

藤原亜季先生

鍼灸師/あん摩マッサージ指圧師/アロマセラピスト/母になる女性のための鍼灸アロママッサージサロン『天使のたまご』代表。

東洋医学とアロマセラピーを融合した「漢方アロマセラピー」という独自のメソッド゙で、妊娠しやすい身体づくり、 妊娠中のマイナートラブルの解消、そして産後のケアまで、トータルにサポート。

妊娠初期の腰痛緩和には「承筋(しょうきん)」のツボ

ふくらはぎにあるツボです。ひざからかかとまでの長さを4等分にしたときの上から4分の1、ふくらはぎのもっとも太い部分の中央にあります。両手の親指で強めに指圧しましょう。

 

00000011_eye_catch.png

 

効能

妊娠初期の腰痛は、出産に備えて骨盤がゆるむことでおこるといわれています。腰に痛みがあると腰付近のツボを指圧しがちですが、初期のうちは直接腰を刺激しないほうがよいでしょう。血流を改善する働きのある承筋を指圧して循環を促し、痛みを緩和させましょう。
 

 

ホーム > マタニティライフ > 妊娠中の不調改善のツボ > 妊娠初期 > 【ツボ押し】妊娠初期の腰痛を緩和:承筋

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail