妊娠中の不調改善のツボ

妊娠後期の腰痛をやわらげるツボ

大腸兪(だいちょうゆ)

腰にあるツボです。左右の骨盤の一番高いところを結んだ線上の、背骨を挟んで左右の指2本分のところにあります。
あおむけになって、こぶしを大腸兪にあてるようにすると自分でも簡単に刺激できます。

 

効能

妊娠後期になると大きくなったおなかを支えるため、反り腰になり、腰に負担がかかります。大腸兪にはそうした妊娠後期の腰痛をやわらげる効能も期待できます。


Navigator 【監修】藤原亜季先生

藤原亜季.jpg

母になる女性のための鍼灸アロママッサージサロン『天使のたまご』代表。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、アロマセラピスト。自らの妊娠・出産を機に、2006年東京銀座に妊婦専門治療院を開設。東洋医学とアロマセラピーを融合した「漢方アロマセラピー」という独自のメソッド゙で、妊娠しやすい身体づくり、 妊娠中のマイナートラブルの解消、そして産後のケアまで、女性の健康と美容をトータルにサポート。

妊娠後期   山本 尚恵

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail