ホーム > マタニティライフ > 妊娠中の不調改善のツボ > 妊娠後期 > 【ツボ押し】陣痛を促進する:三陰交

妊娠中の不調改善のツボ

【ツボ押し】陣痛を促進する:三陰交

この記事を監修したのは

藤原亜季先生

鍼灸師/あん摩マッサージ指圧師/アロマセラピスト/母になる女性のための鍼灸アロママッサージサロン『天使のたまご』代表。

東洋医学とアロマセラピーを融合した「漢方アロマセラピー」という独自のメソッド゙で、妊娠しやすい身体づくり、 妊娠中のマイナートラブルの解消、そして産後のケアまで、トータルにサポート。

陣痛を促してくれる「三陰交(さんいんこう)」のツボ

足首の周辺にあるツボです。内くるぶしからひざに向かって指4本分、上がったところにあります。女性特有のトラブルに高い効能が期待できますが、妊娠中は強く刺激しないほうがよいでしょう。指圧よりも手でさすったり、お灸やカイロなどで温めたりすることをおすすめします。

00000012_eye_catch.png

34_hot_saninkou.png

効能

子宮とつながるツボとされ、女性特有のトラブルに効果的。予定日を過ぎたり、微弱陣痛など陣痛が弱いときに三陰交を刺激することで陣痛を促す働きが期待できます。

妊娠後期   山本 尚恵

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail