妊娠中の不調改善のツボ

妊娠後期の腰痛をやわらげるツボ

志室(ししつ)

背中にあるツボです。腕を体側に伸ばしたときのひじの高さのまま、体の中心部、ちょうど背骨を挟んで両側に移動したところにあります。左右同時に5秒間ほどゆっくり指圧しましょう。自分では届かない場合、パートナーなどに押してもらってもよいでしょう。

 

効能

「腰痛といえば志室」と呼ばれるほど、腰痛の緩和に効果的なツボです。子宮を収縮する作用があるため、妊娠後期の、出産予定日が近くなってから刺激するようにしてください。妊娠初期や中期にはあまりおすすめできません。
 


Navigator 【監修】藤原亜季先生

藤原亜季.jpg

母になる女性のための鍼灸アロママッサージサロン『天使のたまご』代表。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、アロマセラピスト。自らの妊娠・出産を機に、2006年東京銀座に妊婦専門治療院を開設。東洋医学とアロマセラピーを融合した「漢方アロマセラピー」という独自のメソッド゙で、妊娠しやすい身体づくり、 妊娠中のマイナートラブルの解消、そして産後のケアまで、女性の健康と美容をトータルにサポート。

妊娠後期   山本 尚恵

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください

カテゴリー

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
facebook twitter instaglam mail