赤ちゃんの絵本

【絵本コラム】 絵本をおもちゃにしよう

この記事を監修したのは

赤木かん子先生

児童文学評論家

1984年に、子どものころに読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している

ルールなんてないんです

 

本は、情報を効率的に伝えるために人間が考え出した道具です。でも、赤ちゃんにとってはページをめくると絵が変わる! それも自分でコントロールできる!おもしろいおもちゃなのです。

なので、はじめからおわりまで読まなくてもかまいません。
はじめからおわりまで読むのはそのほうがおもしいからです。
そのほうがおもしろくなければ、そうしなくてもいいのです。

 

楽しみ、楽しませてあげて♡

 

おわりからめくってもいいし、表紙だけ眺めててもいい。
あるとき、お日さまの描いてある表紙の本を手に取って、その表紙だけを机の縁から出したり引っ込めたりして、「ハーイ、お日さまが昇りますよ~、沈みますよ~」とやっているお父さんがいました。赤ちゃんは大喜びで30分以上も楽しんでいました。

どうぞ自由な発想で本を、楽しみ、楽しませてあげてください。

 

バナー1280×480.jpg

 

 

 
  satomi
ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【絵本コラム】 絵本をおもちゃにしよう

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail