赤ちゃんの絵本

【絵本Q&A】 長いものはよみたくないんですが

この記事を監修したのは

赤木かん子先生

児童文学評論家

1984年に、子どものころに読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している

 

【絵本Q&A】
長いものはよみたくないんですが

 

まずはその子の気持ちを
チェック!

 

うーん。気持ちはわかりますよ。疲れてるし、本を音読するのって案外エネルギーがいるし、しかもその本は自分にはつまんないし…。いやになるのも無理はないと思います。

なので、まずはチェックポイントを一つ。その子は、本当にその本を読んでもらいたいと思って持ってきてるんでしょうか?

たとえば保育園で傷ついてきて、今日は少し甘ったれたいけど、そういったらはねつけられる…、そうしたら、長い本を持っていけばそれだけ長くかまってもらえるかもしれない、のかもしれません。もしそうなら、本は横に置いて、抱っこして、どうしたのかなあ、といってあげてください。普段とは違うことをしたときには、ちょっとアンテナたてたほうがいいですよ。

 

いざとなったら
覚悟をきめて(笑)

 

もし、そうじゃない。本当にその本を読んでもらいたいのなら……。仕方ない。ため息ついて、読むしかありません。子育てというものはもとからめんどくさいに決まっているのです。その子がその本を読んでもらって興奮して聞いている、その顔を見て楽しむしかないのです。
 

 

バナー1280×480.jpg

 

 
  satomi
ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【絵本Q&A】 長いものはよみたくないんですが

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail