赤ちゃんの絵本

【絵本Q&A】 次々に本を持ってきて…

 

【絵本Q&A】 次々に本を持ってくるものの、読んでやっても聞かないんですが……

 

もしかして絵本を 運ぶことが楽しいのかも

 

その子は、何のために本を運んでくるのでしょう? 重たい本を、どっさり腕に抱えて運ぶこと自体が楽しいのかもしれません。でしたら、読む必要はありませんよね?

保護者のやらなければならないことは読むことではなく、遊びが終わったあとで、その本をもとあった場所に戻すことです。達成感で満足したころを見計らって、「戻してきて~」といえば、また喜々として戻してくれたりしますよ。やってくれないときは自分が片付けます。

それが大人の“子どもを保護する”ということなのです。子どもは遊びの名人です。楽しんでやっていて、ほかの人に迷惑をかけないのならやってもらったほうが楽に時間をつぶせますよね。

 

ほんとうは抱っこ してほしいのかも


読んでやって2ページくらいまでは辛抱して聞いているけど、バタン、と閉じてしまうのなら、抱っこしてほしいのかもしれません。「抱いて」といってもかまってもらえない、と子どもだって考えますよ。この人は、本を読んで、といえば機嫌がよくなってかまってくれるなって……。

でも、本当は抱っこしてほしいから、せっぱつまって本を閉じるわけです。気がつきましょうよ、それくらい。大人なのですから。

人間は理由のないことはしません(おもしろそうだったから、という理由もありますが)。今している行為より、なぜそうしているのか、を考えれば答えは出せるでしょう。
 

 

 

【監修】 赤木かん子先生

タイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」としてデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍。図書館の改装・ 改善運動にも取り組み、近年では公共図書館や小中学校の図書館の活性化に努める。著書に『子どもを本嫌いにしない本』(大修館書店)、『今こそ読みたい児童文学100』(ちくまプリマー)等がある。

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail