赤ちゃんの絵本

【絵本Q&A】 何歳まで読んでやれば…

 

【絵本Q&A】
何歳まで読んでやればいいですか?

 

本人が「もういいよ」
というまで、です

 

本を読むという行為は“演劇”のなかの1ジャンルです。文章を音読するときに、多少なりとも演出しないわけにはいきません。つまり、読み手の「これはこういうお話なんだな」という解釈が入ってきます。そうしてそれを“耳を使って”聞くわけです。

ラジオの朗読やアニメの声優さんたちの演技も演劇でしょう? でも、朗読は何才までしかだめだ、とか落語は小さい人の聞くものだ、とかいいませんよね?

いま私たちが“本を読む”というときには、耳を使わない“黙読”のことを意味しますね。

この2つは、バレエと音楽くらい、そもそもジャンルが違うものなのです。そうして、耳から聞くのが好きな人と、音のない世界で文章を楽しむのが好きな人がいるのです。それは単に好みです。

ですから目で読む、音のない世界が好きな人は、自分で読めるようになったらもういい、というでしょう。でも演劇の好きな人は、耳で聞きたいと思うのです。だからといって25歳になってもまだ読んで~、という人はいないでしょう。読んで~、といわれるのは本当に何年かだけです。どうぞ、本ではなく、その子と幸福にいられる時間を楽しんでください。

 

 

【監修】 赤木かん子先生

タイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」としてデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍。図書館の改装・ 改善運動にも取り組み、近年では公共図書館や小中学校の図書館の活性化に努める。著書に『子どもを本嫌いにしない本』(大修館書店)、『今こそ読みたい児童文学100』(ちくまプリマー)等がある。

  satomi

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail