赤ちゃんの絵本

【ママのための絵本】『いたずらかいじゅうはどこ?』

この記事を監修したのは

赤木かん子先生

児童文学評論家

1984年に、子どものころに読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している

あらすじ…

かいじゅうの女の子、ヘイゼルの弟は、まだベビーなのにいたずらばっかり。おばあちゃんが来た日も、家の中をぐちゃぐちゃにしてしまいます。そのいたずらを見た、おばあちゃんの反応は?

 

子どもの成長、全肯定。

はいはいできるようになった頃のベビーは、まわりの人たちにとっては脅威です。
なんにでも触り、壊していく破壊王ですからね。

でもそれは見方を変えればそういうことができるようになった!という証し。
片づけなければならない親は頭にきてしまいがちですが、孫に甘いあばあちゃんには逆にそれがくっきりとわかる……。 お風呂の水をあふれさせても、まあ!もう蛇口をひねることができるようになったんだねえ!なんですよ。

そうしてそれはほんとにそうなんです。
そこまで順調に大きくなってきたってことなんですよ。
冷静でいられるいま、この絵本を読んでおいて……
頭にくる時期になったら思い出してみてくださいね。

 

『いたずらかいじゅうはどこ?』

パット ハッチンス作/乾 侑美子訳/偕成社

 

>>お求めは、絵本クラブで!今ならニンプス読者にプレゼントも♪

 

バナー1280×480.jpg
  ninps
タグ:産後 , 絵本
ホーム > マタニティライフ > 赤ちゃんの絵本 > 【ママのための絵本】『いたずらかいじゅうはどこ?』

赤ちゃんのようす

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月

カテゴリー

facebook twitter instaglam mail